戻る


イニエスタ、問題児デンベレを「殺すな」と提言

イニエスタ、問題児デンベレを「殺すな」と提言

写真拡大

Jリーグでの1年目を終え、スペインに帰国しているアンドレス・イニエスタ。

『Ariel』のプロモーションイベントに登場した彼は様々な話題について語ったようだ。

『Marca』によれば、規律面が問題視されているバルセロナFWウスマヌ・デンベレについてはこう述べたという。

アンドレス・イニエスタ

「僕は外部にいて情報がないので、状況を評価するのは難しい。

厳格さや規則はなくてはならないし、もし敬意が払われていないのなら、クラブやスカッドはその状況を改善すべきだ。

彼はバルサにとって非常に価値のある選手だよ。

過ちを解決しなければいけない、殺すことなくね。殺すのは、救済策がなくなった時だ。

殺すよりも正さなければいけないよ。

手の施しようがない状況だとは思わない。僕からのアドバイスは、間に合うだろうってことさ。

措置を講じることができる」

今すぐ切り捨ててしまうべきではなく、まだ救うことができると考えているようだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網