戻る


新型iPhone、実は好調?FoxconnとTSMCが好業績を発表


 
新型iPhoneの販売が低調との観測を覆すかのように、Appleの主要サプライヤーであるFoxconnとTSMCが、11月の好調な業績を発表しました。

Foxconnは11月の売上高として新記録

iPhoneの多くを組み立てているFoxconn(鴻海)と、最新iPhoneに搭載されているA12 Bionicをはじめとするプロセッサを独占供給しているTSMCのサプライヤー2社が、11月の業績を発表しました。
 
Foxconnが発表した11月の売上高は6,014億新台湾ドル(約2.2兆円)で、11月としては過去最高を記録しています。
 
TSMCの11月の売上高は984億新台湾ドル(約3,600億円)は、10月に達成した記録的売上からは減少しているものの、業績は好調です。

ともにApple依存度の高いFoxconnとTSMC

FoxconnとTSMCは、ともにApple以外の企業からの売上もあるとはいえ、両社ともにAppleが主要顧客です。Foxconnの売上のおよそ半分、TSMCの場合は5分の1がAppleからの受注によるものです。
 
両社の好業績は、Apple向けの出荷が活発であることを示していると言えます。

販売不振が噂される新型iPhone

2018年の新型iPhone、とくにiPhone XRの発売後、Appleからサプライヤーへの減産指示や、サプライヤーによる減産決定の情報が何度か報じられています。
 
また、AppleがアメリカでiPhone XR購入者向けの下取り増額キャンペーンを実施したほか、日本ではNTTドコモが発売から1カ月しか経過していないiPhone XRを「端末購入サポート」の対象に加えたことで、iPhone XRは販売が低迷しているのではないか、と噂されています。
 
Appleは、前回の業績発表で、次回からiPhoneなど主要製品の販売台数公表をやめると発表しました。Appleのこの発表が、iPhoneの販売不振を隠すためではないかとの憶測を呼び、Apple株価も下落しています。
 
Appleが例年1月下旬に発表している、10月〜12月のホリデーシーズンの四半期業績は、iPhone XR発売後最初の業績発表となるだけにその内容が注目されます。
 
 
Source:Bloomberg, 9to5Mac
(hato)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網