戻る


1日30分の「お悩みタイム」で心配性な自分に向き合おう

心配しても、何かが解決することはめったにありません。

心配に心を乱されないように、心配するための特別な時間をもうけましょう。そうすれば、常に悩む必要がなくなりますよ。

心配する時間を持つべき理由

「Psychology Today」の記事の心理療法士のAmy Morinによると、心配する時間を1日の予定に組み込むと、徐々に心配が減ることを証明した研究があるそうです。

不安障害の人の場合は、医療の専門家の治療が必要になりますが、多くの人は単に際限のない心配や不安のループにとらわれているだけです。最悪の事態を想定してばかりいるので、それがあらゆる問題を引き起こしています。

過去のことや未来の心配事について思いを巡らせることで、今の瞬間にとどまることができなくなります。その結果、心配するせいでパフォーマンスが落ち、自分がやっているあらゆることに影響が出てきます。

また、人間関係にも大きな問題を起こすことも。酷い結果になると予測しているので、四六時中気を病んでいたり、会話で「もしこうなったらどうする…?」という質問ばかりしていたら、身の回りの人は疲れてうんざりします。

しかし、心配する時間を予定に組み込むことで、この問題を軽減できます。そのやり方は以下の通りです。

1. 30分の時間を空ける

予定表に心配する時間を30分取りましょう。

Morinは、毎日続けるには30分が最適ですが、就寝時間と近すぎないほうがいいと言っています。それ以上の時間はおそらく必要ありません。最初はもっと時間が必要だと思うかもしれませんが、30分に収めるようにしましょう。

2. 心配事に邪魔させない

すぐには関係ないことで、1日中何かに心配していると感じたら、それについては後で考える時間があると思い出しましょう。

心配や不安について考える時間があるので、その時に考えるのです。そして、その瞬間にやらなければならないこと、身の回りで起こっていることに意識を戻すようにしましょう。

3. ノートに書き出す

30分の心配タイムになったら、何が原因で心配や不安が引き起こされているのかをノートに書き出します。

書き出したものを見ていると、心配していることがいかに深刻、もしくは馬鹿げているかわかるので、ストレスから解放されることがあります。

そして、手放すことができます。Morinはすすめていませんが、心配事が頭に浮かんだ時にその場で書き留めるために、ノートをそばに置いておくのも役に立ちます。

これで心配や不安を忘れなければと不安にならずに済みます!

4. タイマーをセットする

30分が過ぎたら、タイマーが鳴り、その後24時間は心配や不安から解放されます。Morinは、2週間これを続けると、徐々にですが、ある程度結果が表れ始めると言っています。

Morinのクライアントは、全体的に心配や不安が減り、一日中心配することに精神力を使わないで済むので、気分も睡眠も良くなったと言う人が多いです。少なくとも、恐怖心が浮かび上がらないようになります。

あわせて読みたい

今すぐやろう、死は目前かもしれない

先延ばしする人は、自信やエネルギーがなく、憂鬱。どう克服すべき?

Image: Devenorr/Shutterstock.com

Source: Psychology Today

Aimée Lutkin - Lifehacker US[原文]

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網