戻る


こんなファッションはNG。冬の職場で避けるべきスタイル11

職場のドレスコードは、昔に比べればカジュアルになった。それでも守るべき一定のガイドラインはある。

「冬になり、職場に何を着ていくかは頭を悩ませる問題です。外の寒さと室内の暖かさの両方に備える必要があるからです」と、OfficeTeamのエグゼクティブ・ダイレクター、ステファニー・ナズニツキー(Stephanie Naznitsky)氏はBusiness Insiderに語った。

一般的に、外の寒さと中の暖かさに適応できるように、何枚か重ね着しておくと良い。オフィスがものすごく寒いなら、ウールもしくはカシミアを着ると暖かくいられる。

ただ、最終的には都市、業界、オフィスによってドレスコードはさまざまだ。

自分の職場に合わせてアレンジしなければならない。この冬、オフィスに身に着けていくのは避けるべき11のスタイルとアイテムを紹介しよう。

目次

1. 重ね着をせず、1枚しか着ない

2. タイツを履かず、生足でスカートもしくはワンピースを着る

3. ベージュもしくは薄いグレーのスーツを着る

4. アグリーなホリデー・セーターを着る

5. UGGを履く

6. 冬のアクセサリーを大量につける

7. 夏の素材を着る

8. スノー・ブーツを履く

9. スエードの靴を履く

10. 大きいセーターを着る

11. スナギーなど毛布のようなものを着る

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網