戻る


“格ゲー王”ときど選手が収録中にマジ切れ「お前が取ったのはチームプレイじゃなくて個人の手柄」

 10日に放送された『お願い!ランキング』(テレビ朝日系、月〜木曜深夜0:55〜)の企画「お願い!eSPORTSファイター」で、プロゲーマーのときど選手が“マジ切れ”する場面があった。

 人気対戦格闘ゲーム「ストリートファイターアーケードエディション」で、全国から選りすぐりのアマチュア実力者たちが、「先鋒・副将・大将」と3階級に設定された「スタープレイヤー」たちとガチンコ勝負するこの企画。大将に控える世界最強のときど選手を倒せば、ゲーム界にその名を轟かせるとともに、来春開催される新たな公式リーグの最終選考に進むことができると、まさにトッププレイヤーという夢への登竜門となっている。

 これまでの放送では、全国から腕におぼえありのアマチュアゲーマーが下克上を目指しチャレンジするも、立ちはだかるスター軍団の前に敗退。先鋒戦を勝ち上がるプレイヤーは現れたが、副将戦をクリアできず、大将・ときど選手との対戦までたどり着ける選手は現れなかった。

 そんな中、10日の放送では岩手県の高校生ファイター“コマツ選手”が、果敢な攻撃を見せ副将戦をクリア。番組で初めて大将戦に進み、ときど選手を引きずり出すことに成功する。ついに初登場した、格ゲー王・ときど選手。年間獲得賞金3000万円、東大卒のクレバーさと情熱を併せ持つ、世界を熱狂させるカリスマプレイヤーだ。対戦前の「何もさせずに倒す」との言葉通り、1ラウンドは全くダメージを受けないパーフェクトKO勝利。2ラウンドも圧勝と、世界一の実力をまざまざと見せつけた。

 続いての挑戦者、冷静沈着ファイター“つちにん選手”も、大将・ときど選手との対戦にこぎつける。緻密なプレイで先鋒戦をクリアし進んだ副将戦、しかしここで“事件”が起きる。副将のプロゲーマー・だいこく選手が、優位に試合を進める中、観客の目を意識したのか(?)見た目が派手な技で勝負を決めようと必殺技を繰り出すが、まさかの空振り。つちにん選手に逆転負けを許すこととなった。

 天を仰ぐだいこく選手に、ときど選手は「ありえない」「お前が取ったのはチームプレイじゃなくて、お前の個人の手柄(にしようとした)ってことがハッキリ分かったから」とマジ切れ。痛烈な言葉を浴びせるが、これも大将の責任から。

 迎えた大将戦、挑戦者の「200%勝ちます」という挑発に、バッチバチのにらみ合いを繰り広げ、いざ試合開始。熱くなりながらもプレイは至って冷静で、追い込まれたように見えたが相手の動きを見定め、隙を見つけると連続攻撃。ときど選手が勝利を収めた。

 番組初登場にして、圧倒的なパフォーマンスで世界最強の実力を披露した、ときど選手。次回の放送では、ついに最強の男が追いつめられる?

▶︎ ときど VS ウメハラ、格ゲー界のレジェンド対決を無料配信中

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網