戻る


これだけはやめて!30代彼女に言いたいこと5つ

30代女性と付き合うのは、男性にとって、すこしハードルが高いもの。

早く結婚したい、子どもを産みたいなどの女性特有の事情は、ある程度わかったうえで付き合っているからです。

しかし、そうであってもなお、どうしても我慢できない行動があるもの。

そこで今回は「これだけはやめて!」という、30代彼女への不満をまとめました。

結婚をせまる

彼と話をするたびに「結婚しよう」と言ってしまう女性がいます。

20代のうちなら「まだ早いよ」なんて軽く流したりもできるかもしれませんが、30代の女性と付き合っているとなると、結婚という言葉にも真剣味が増してきます。

男性に結婚したいという気持ちがあったとしても、焦ったように結婚しようと繰り返されたら、本当に自分のことが好きなのか、結婚したいだけなのかわからなくなってしまいます。

男性が怖さを覚えたり、うんざりしたりして、心がどんどん離れていってしまう可能性も……!?

ご注意です。

年齢不相応な若づくり

30代といえば、ある程度落ち着いていい年齢。

なのに、10代や20代前半と同じように遊びまわっていたり、年齢不相応な格好をしていたりしたら、彼氏はドン引きです。

いくら見た目が若くても、「年齢考えたら?」と言いたくなるでしょう。家族や友人に合わせるのを恥ずかしいと思い、ためらわれるかもしれません。

しかし男性からは、なかなか言えないもの。彼女を傷つけたくないからこそ、言えないのです。

でも本音は「いい大人なんだから、ちょっとは落ちついてほしい……」と思ってるのは、まちがいなさそうです。

高価なプレゼントを要求

高校生や大学生なら、収入がないということも。

安いブランドのカバンでもアクセサリーでも許せます。

反対に、30代となるともういい大人ですから、それなりのカバンが欲しい、ある程度ランクが高いプレゼントがほしい、と考えるのは納得のいくことです。

しかし「社会人だから」といって、お金に余裕がある人なんて、ほんのひと握り。

彼の収入につり合わないお値段のプレゼントを要求するのは、彼氏にとってもかなり負担。

彼のボーナスのとき、高いものをねだっていませんか?

年齢を理由に束縛する

30代になると「いま別れたら、次にいい人が見つかるかどうかわからない」と心配して、彼をついつい束縛してしまうこともあるかもしれません。

ですが、それは本当に彼のことを好きならできないことのはず。

年齢を理由にして重くのしかかっていくのは、カップルのあり方として少し問題があるのではないでしょうか。

「この年齢で付き合ってるんだから責任とって」など、そういう発言は言語道断です。

過剰に大人ぶる

30代は「小娘」とは言わないまでも、まだ完全に成熟した人間ともいいがたい時期。

とくに彼氏が年下の場合、大人ぶった振る舞いをしすぎるのはNGです。

「大人の私が相手をしてあげる」というような態度や上から目線は、とても迷惑でイヤなものにあたるのです。

おわりに

30代になると、若いころのように思いきって好きなように恋愛する、ということはなかなかできません。

相手と落ち着いた関係を築くため、あるいはその練習をするために、とても大事な時期。

安定した愛をはぐくむために、彼氏を不快にさせる行動を自分が取っていなかったかどうか……

いま一度、自分を振り返ってみてくださいね。

(秋佳 珠/ライター)

(愛カツ編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網