戻る


iPhoneによる「眼精疲労」を減らす7つの設定

頻繁に目が痛くなり頭痛を伴うようなら、iPhoneが犯人かもしれません。デジタルディスプレイによる眼精疲労は、スマホ全盛時代の大きな負の側面になっています。

だからといって、今すぐiPhoneを捨てる必要はありません。最新のiOSアップデートやいくつかのテクニックをうまく使えば、デジタル眼精疲労のリスクを下げることができます。今回はその方法を7つ、紹介しましょう。

1. 反転(スマート)を利用する

Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部

Appleはディスプレイの色について、これまで何度か実験を繰り返してきました。

iOS 8ではグレースケールモード、iOS 9ではナイトシフトを導入していますが、完全なダークモードはiOSにはまだ登場していません。それが実現するまでは、反転(スマート)機能を使って眼精疲労を軽減しましょう。

反転(クラシック)に比べて、反転(スマート)では、画像、メディア、すでにダークモードを使用しているアプリの色は反転しません。有効にするには、次の手順に従います。

「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」を開く「ディスプレイ調整」をタップ「色を反転」を選択「反転(スマート)」をオンにする

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網