戻る


ザギトワが迎えた「試練」 ロシア有名記者が指摘「勝利という課題を置くのなら…」

紀平に敗れて2位となったアリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

写真拡大

ロシア有名ジャーナリストが母国の女王に言及「エテリ氏にとっての試練でもある」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル女子で初優勝を飾った紀平梨花(関大KFSC)。シニア1年目の戴冠は世界に驚きを与えた一方、平昌五輪女王アリーナ・ザギトワは2位で敗れた。母国ロシアの有名ジャーナリストは「何によって前へ抜け出すか考えなければいけない」と自身の武器と戦略を見直す必要性を訴えている。

 日本が誇る16歳の超新星にスポットライトを当てたのは、ロシアメディア「sports.ru」だった。記事ではロシアの有名ジャーナリスト、エレーナ・ヴァイツェホフスカヤ氏が登場。大会を総括している。

 同氏は「GPファイナルは最終的に昨年までジュニアだった日本の選手を(シニアの)トップに移したものとなった。フリーでのリカの構成点は72.40点でザギトワは72.20点だった」と振り返った上で、紀平を指導する浜田美栄コーチが4回転ジャンプの習得に取り組んでいくことを明かしたと伝えている。

 一方で、今回は敗れた母国の女王ザギトワについても「アリーナは十分に高い結果を出す能力があります」としながら、続けて課題も指摘している。

進化する紀平にどう立ち向かうか「何によって前へ抜け出すか考えなければ」

「しかし、それが今シーズン披露されたものより、さらに強い印象を与えるものになるかは疑わしい。もし以前のように自分の前に勝利という課題を置くのなら、五輪女王は今、どこへ向かって次のステップを踏み出すか、何によって前へ抜け出すか考えなければいけない。これはもうザギトワ自身にとってだけではなく、コーチであるトゥトベリーゼ氏にとっての試練でもあるのだが」

 同氏はザギトワの能力を十分に認めながら、さらに進化を目指して4回転に挑戦する紀平に対し、これからも勝ち続ける目標を置くなら「何によって前へ抜け出すか」とトゥトベリーゼ氏とともに、自身の武器と戦略を見直す必要性を訴えている。

 昨季はシニアデビュー以来、連戦連勝で一気に五輪女王にまで輝いたザギトワ。新シーズンを迎え、強力なライバルが出現した今、何に課題を見出し、どう立ち向かっていくのか。ロシア選手権、欧州選手権、世界選手権と続く戦いは見ものだ。(THE ANSWER編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網