戻る


小塚崇彦、大島由香里との離婚原因に渋谷クラブでの「お持ち帰り」疑惑

12月8日、妻子と別居中も多忙な小塚を直撃すると…

写真拡大

《本日の別居報道に関しまして、お騒がせし、ご心配をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。現在私ども夫婦で話し合いを重ねておりまして、ご報告できる段階にございません》

この記事のすべての写真を見る

 12月3日に一部スポーツ紙で、フィギュアスケーターの小塚崇彦と、フリーアナウンサーの大島由香里の別居が報じられ、小塚は当日に自身のブログで騒動を詫びている。

「'16年2月に結婚し、'17年4月には第1子となる女児が誕生しています。生活の拠点は小塚さんの地元である名古屋に置いていたようですが、2か月ほど前に娘さんを連れて大島さんが上京する形で、別居がスタートしました」(スポーツ紙記者)

 小塚の多忙さが、今回の別居原因のひとつだという。「小塚さんは仕事をバリバリこなしていますが、そのためになかなか名古屋に戻ることもかなわなかったようです。

 トヨタのレーシングチームに所属しているほか、オリンピックアンバサダーとしてスポーツ普及にも貢献。アイスショーへの出演や、幼児・児童のためのスケート教室、講演会……と、全国を飛び回っているんです」(同・スポーツ紙記者)

 大島も名古屋でラジオDJの代行を行うこともあれば、仕事で東京に出てくることもある。しかし頼りたくても夫はおらず、“ワンオペ”で家事に仕事に育児にと大忙しだったのだ。

「別居以前から、小塚さんが自宅に帰ることは少なかったそうです。一家の自宅は、彼のお父さんのマンションからかなり近かったようで、大島さんが娘さんを連れて、お父さんの家を訪問する姿は見かけましたが、小塚さんの姿を見ることは少なかったです。

 大島さんは仲よしのフィギュアスケーターの鈴木明子さんにも相談していたようです」(ふたりの知人)

 小塚が多忙ではしかたがないようにも思えるが、ふたりの知人は首を横に振る。

「小塚さんが帰ってこない理由が、多忙のためだけではないから怒っているんです。本当の理由は“夜遊び”。夜な夜な繁華街に出かけていたようで、飲み会ゆえに家へ帰らない日も多かったんですよ。大島さんは頭を抱えていました」(同・ふたりの知人)

 小塚が夜遊び好きというのは、アスリート界隈では有名な話だった。

クラブのVIPエリアで誕生会!

「フィギュアスケート界では、高橋大輔さんや小林宏一さんとお酒を飲むことが多かったみたいですね。小塚さんはほかの種目のスポーツ選手とも仲がよく、水泳の立石諒さんや入江陵介さんともよく遊んでいたみたいですよ」(スポーツライター)

 ふだんお酒を飲む際は、クラブにも出入りするという。若いころから通っている渋谷区内の老舗クラブ『C』では、結婚前にこんな姿が見かけられている。

「東京に試合や仕事で出てくる際は、決まったホテルを定宿にしているといいます。やんちゃそうなおじさんと一緒に現れて、女の子を持ち帰る姿は何度か見たことがありますね」(目撃した男性)

 今年の2月末には同じクラブのVIPエリアで、小塚の誕生日会が行われていて、

「女性を4人ほどはべらせているような状態でしたね。お祝いごととあって、みんなでシャンパンを飲んで、ワイワイ盛り上がっている感じでした。妻子持ちには見えないほど、カッコつけるような仕草が多かったですね(笑)」(目撃した女性)

 このとき、フロアではダンスバトルがスタートして、2人のダンサーの周りに人だかりができていた。

「そのうちの1人はプロのダンサーで、小塚さんが彼をVIPエリアに呼び寄せて、“キミ、カッコいいね。ダンサーだろ。ここで踊ってみろよ。まぁ、俺のほうがうまいけどね”と、煽りだしたんですよ。周りの女性もキャーキャー言いだして楽しげでしたよ」(同・目撃した女性)

 家に帰らずに、夜の街で遊んでばかり。そんな小塚にお灸をすえるべく、大島は別居を決意したのだった。

「ふたりは完璧にこじれたわけではなく、小塚さんの家庭への非協力的な姿勢に嫌気がさしたみたいです。お子さんもまだ小さいから、早くいい方向へ転じてくれたらいいんですけど……」(前出・ふたりの知人)

 12月8日、午後3時すぎ。横浜で開催していたスポーツイベントを観戦するために姿を見せた小塚を直撃。が、別居の原因は小塚の夜遊びなのか、今後は離婚の可能性があるのか、何を聞いてもバツが悪そうな表情を浮かべて無言のまま、複数の関係者にガードされながら、その場を去っていった。

 リンクの外で起きている足元の火種が、小塚には見えているのだろうか─。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網