戻る


逆らえない…彼女の尻にしかれる男性の不満

お付き合いしていただいている彼女には、うっかりしたことは言えない。

そんな尻にしかれている男性陣にも、やっぱり言いたいことがあるようで……!

もちろん、男女のあり方はカップルの数だけいろいろですが、お互い納得して付き合いたいものですよね。

みなさんも男性陣の不満の声を、聞いておいて損はないはずです。

「なんでもいいよ」がよくない

デートの行き先やお店を決めるときに言いがちな「なんでもいいよ」というセリフ。

この「なんでもいい」には、二通りの意味合いがあるかもしれません。

ひとつめは「あなたがどれを選んでくれても、私は文句はないよ」という意味の場合。
そんなときは「私はなんでもいいよ。アナタはなにがいいの?」と聞き返してあげるといいでしょう。

選ぶ基準がないと、彼も何を選べばいいかわからず困ってしまいますし、選ぶこと自体が負担になってしまいます。
「あなたの好きなものでいいよ」と示してあげることで、彼もスムーズに選ぶことができるでしょう。

ふたつめは「わたしは、なんであろうと興味はない。だからなんでもいいよ」という意味の場合。
なんでもいいはずなのに、彼が「じゃあ中華に行こう」と言ったら、「えー中華は微妙」なんて文句を言っていませんか?

「なんでもいい」と言った割に不満を述べると、彼もうんざりしてしまいます。
まずは、否定から入るやりとりを避けるようにしましょう。

そして、文句を言うのがクセになっているなら「まぁ、〇〇は好きだけどね」というフォローを入れてみてはいかがでしょう?

電話が長すぎる

自分の話を聞いてほしいのは、彼女として当然の要求。

仕事のグチや、その日起きたイヤなことなど、どうしても誰かに聞いてもらいたい……という日もあるかもしれません。

でも、自分の話ばかりしていると、あっという間に時間がたってしまうものです。

その長時間の電話が、彼氏の不満になっているということありませんか?

会ったときに話せることがあるなら、そのときでいいかもしれません。
電話の前に、ある程度話すことを決めておくのもおすすめです。

また、彼に質問して、話をよく聞いてあげることも忘れずに。

ギブアンドテイクができてこそ楽しいのが電話ですよ!

好みのお店が高すぎる……

「背に腹は代えられぬ」という言葉がありますが、お財布事情はまさにそれ。

どれだけきれいでかわいい彼女であっても、デートで毎回のように高いお店に連れて行かされると……。

彼にとって、毎度のデートが大きな負担になってしまい、デート自体が億劫になっているかもしれません。

あくまでも、自分の生活があって、その上に男女のお付き合いがあります。

たしかに、高いお店であれば、いい時間を過ごせるもの。

でもできることなら、高いお金を出さなくても、幸せを感じられるような関係を目指してみませんか?

「○○して」が多すぎる

「彼氏なんだから」「男なんだし」で、アレコレ要求しすぎていませんか?

たしかに、それが言えるのも付き合っている醍醐味、かもしれません。
多少のわがままであれば、男性もやりがいを感じてくれます。

でも、あまりにもわがままで、フォローもないと、やっぱりストレスになってしまいます。

ひとつ要求したら、ひとつなにかをしてあげる。

「○○して」と言った数を数えて、してくれたことを思い出してみて。
たまには、お返ししてあげるのはいかがでしょう?

おわりに

女性が優位だと、ある意味平和な関係なのかもしれません。

でも、どこかで彼を立てることや、こっそりフォローを入れたりするのだって大切なこと。

それは、けっして女を下げるとか、理想の恋ができなくなるとかではありません。

彼が心から笑っている時間を増やして、良好な関係を築いけるといいですね。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網