戻る


『イッテQ!』騒動に優しいネットの声、日テレとフジの差

116祭り「全リスト」【その1】(○は本誌が確認できた祭りで、×は存在が確認できなかった祭り)

写真拡大 (全2枚)

 週刊文春が火をつけた『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の「やらせ疑惑」。第1弾は11月8日発売号で取り上げた、2018年5月20日に放送されたラオスの「橋祭り」。第2弾は、11月15日発売号が報じた2017年2月12日に放送されたタイの「カリフラワー祭り」だ。

 また、NEWSポストセブンでは、11月15日に「『イッテQ!』の全祭りを検証、11個が存在を確認できず」という記事を配信。2007年3月4日に祭りの企画は開始し、祭りの総数は116あった。存在が確認できなかった祭りは、2013年3月3日の「水瓶祭り」(タイ)を皮切りに以後5年間で11個あった。その内7個がタイだった。

 同番組は18日の放送回の冒頭で謝罪テロップを流したが、その中には「視聴者のみなさまに疑念を抱かせご心配をおかけする事態に至ったことについて深くお詫び申し上げます」「一部の『祭り』において開催実績や開催経緯などの説明に誤りがありました」とあった。そして、祭り企画については一時休止となった。

 当初の報道以来、「面白いので構わない」といった声はファンを中心に多かったが、今回の日テレの謝罪と一時休止発表により「それぐらいいいだろ…許してやれよ」や「バラエティーのやらせ位、許してやれよ。どこまで不寛容なんだ」といった擁護意見も多数書き込まれている。さらにはツイッターでは「#イッテQいつも楽しい笑いをありがとう」というハッシュタグも作られ、同番組への激励のコメントが次々と書き込まれている。

◆大規模なフジテレビデモの影響も?

 2013年10月20日に放送された『ほこ×たて』(フジテレビ系)では、ラジコンカーをめぐるものだったが、「やらせ」が当事者から明かされた。「やらせ」の中身は違うが、2011年1月に開始した同番組の打ち切り時の空気と比べれば、ネットの声はあまりにも優しいと感じるのはネットニュース編集者の中川淳一郎氏だ。

「『ほこ×たて』はガチな闘いであることがウリだっただけに、あの時の視聴者の怒りは凄まじかった。しかし、もう一つあったのが『フジテレビはすっかり嫌われテレビ局』になっていた、というのも影響していたのではないでしょうか。日テレは『24時間テレビ』以外ではそれほど嫌われてはいません。ネットって『何をするか』よりも『誰がするか』が許すか許さないかの基準になったりもします。普段から評判のよい日テレだったから、今回はあまり叩かれなかったようにも感じられます」

 フジテレビが嫌われる大きなきっかけとなったのが2011年8月のこと。「韓流を流し過ぎる」としてフジテレビに対して5000人規模のデモが発生した。これを機に「ウジテレビ」などと揶揄の言葉を入れつつ、ネット上ではフジテレビ叩きが一つのブームのようになっていった。以後次々とフジテレビの疑惑めいたものが探す流れも発生。

 その時期に放送されていた連続ドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』では前田敦子が「LITTLE BOY」と書かれたTシャツを着ているシーンがあったため、原爆被害者を揶揄している、と大騒ぎになった。

 さらに、同時期に放送された連続ドラマ『それでも、生きてゆく』では、小道具として写真週刊誌『MONDAY』が登場したが、表紙に「JAP18」と書かれていた。さらには、同年2月、『笑っていいとも!』の好きな鍋ランキングでキムチ鍋が全世代で1位だったことなども蒸し返され“反日テレビ局”認定が激化した。これが影響したかどうかの因果関係は示せないものの、以後フジテレビの不調は長く続いた。中川氏はこう続ける。

「『ほこ×たて』では企画に協力した当事者が“覚悟の告発”をしたことから、その方の勇気を称える向きもありました。今回はやらせを報じたメディアに対して『よくやった!』と称賛するのではなく、むしろ『重箱の隅をつついて!誰も幸せになれない挙げ句、みんなが不愉快になる』という『私達の楽しみを奪わないで!』的なコメントもありました。普段から評判のよかった日テレ及び同番組がネットの空気も好意的なものにしたのではないでしょうか」

 日々の評価が大事だということか。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網