戻る


地獄を味わった松坂大輔の姿、根尾昂に厳しさ伝える教科書に

怪物が復活(時事通信フォト)

写真拡大 (全2枚)

 松坂大輔(38)は日本球界に復帰してから「給料泥棒」と批判され続けた末に、2017年にソフトバンクから中日入り。背番号は「99」、年俸は「1500万円」と、堕ちるところまで堕ちた。その男が来年は再び背番号「18」を纏う。今季6勝4敗、防御率3.74。カムバック賞を予想できた人はファンを含めてほとんどいなかったに違いない。

 今年は中日に、球界の未来を背負う「金の卵」が入団する。大阪桐蔭・根尾昂だ。大阪桐蔭は今年、甲子園の春夏連覇を成し遂げた。奇しくも20年前に同じ偉業を達成したのが松坂擁する横浜だった。時代を超えて甲子園のヒーローの運命が交差することに、因縁を感じずにはいられない。松坂の入団当時、西武で一軍投手コーチをしていた野球評論家の杉本正氏がいう。

「大輔の1年目は、西口文也や松井稼頭央など一流の先輩たちが温かく受け入れてくれたので、色々なことを学ぶことができ、その背中を追うことで育ってきた。大輔は自分の意見を持ちながら、先輩たちの意見を積極的に取り入れていた。今後は松坂が、若手にその経験を伝えていく番なのかもしれません」

 今年、引退した松井は「最も印象に残った選手」として松坂を挙げ、一方の松坂は「野手なら稼頭央さんになりたかった」と最大級の賛辞を送った。松坂にとっての松井同様、松坂は根尾にとってポジションの垣根を超えた大きな存在となるのだろうか。

 現役時代に松坂と壮絶な投げ合いを何度も演じた、元ソフトバンクの斉藤和巳氏がいう。

「プロ1年目は練習についていくのが精一杯で、先輩の背中を見ている余裕もないというのが正直なところです。でも、数々の大舞台をくぐり抜けてきた大輔の存在が根尾くんに与える影響は計り知れない。大輔からどれだけ多くを吸収し、盗めるか。根尾くんの将来を大きく左右するはずです」

「甲子園のヒーロー」としてプロ入りして活躍しながらも、“地獄”を味わった松坂の姿は、根尾に「プロの厳しさ」を伝える何よりの“教科書”だろう。

 平成の最後に邂逅した2人の怪物──。“復活”したとはいえ、全盛期の輝きには程遠いが、松坂は来季、次世代スターとファンの目に、「18番」にふさわしい姿を焼き付けられるか。

※週刊ポスト2018年11月30日号

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網