戻る


「もうこの彼とは会うのはナシだな」と思った初デートとは?

とりあえずデートしてみたはいいものの、どうしても楽しいと思えず「この人とはもう二度と会いたくないな」と思うことってありませんか? 自分勝手なのかもしれませんが、デート中の段階から帰りたくて仕方なくなってしまいます。
そこで今回は「『もうこの彼とは会うのはナシだな』と思った初デート」についてご紹介します。

この彼と会うのはナシだな…その理由は?

1. やたら「つまらないの?」と聞いてくる

「初デートだから緊張しているのに、やたら『俺といるのつまらない?』と聞いてくる人がいた。少しはこっちの気持ちも汲み取ってほしいなと思いました」(20代/販売)

▽「楽しくないの?」「つまらない?」などと聞かれても、「そんなことないよ」としか言えませんよね。男性も不安なのはわかりますが、あまりにもしつこいとマイナスイメージになってしまいます。ここは逆に「今日は○○ちゃんと会えてうれしいな」と言われた方が、明るい気持ちになれますよね。

2. 自分の話ばかり

「口を開けば自慢や職場のグチばかりだった人がいます。『この人と付き合ったら大変そうだな〜』と思って、デート1回目でフェードアウトしました」(20代/物流)

▽ もちろん彼の内面も知りたいですが、ずっと自分の話ばかりされても疲れてしまいます。彼が自己中に見えてきますし、「私のことはどうでもいいのかな?」とひねくれた考えに……。
また自分の話以外にも、自分の行きたいお店にしか連れて行ってくれない彼にもガッカリ。そこは一言「何が食べたい?」「俺の好きな店に行きたいんだけどいいかな?」と聞いてほしいものです。

3. ノープランすぎる

「彼が『会いませんか』と誘ってきたので、私もデートプランはノータッチだった。でも当日待ち合わせたはいいものの、『どこ行きたいですか?』と全部私に丸投げ。これって優しいんじゃなくて、ただ無計画なだけですよね……?」(30代/ネイリスト)

▽ 女性から誘ったのならまだしも、彼が「デートしよう」と言ってきたのにノープランだと、気持ちもダダ下がり。退屈だしつまらないしで、何でこの人と一緒にいるのかさえ分からなくなってしまいます。完璧なプランを立てろとはいいませんが、何をしたいのかくらいは考えておいてもらいたいですよね。

4. トイレに行くと余計な一言

「私が『ちょっとお手洗いに』と席を立つと『また〜?』とか『さっき行ったばっかじゃん!』と余計な一言を付け加えてくる男性がいました。本人に悪気はなさそうだったんですが、軽くイラっと来ましたね」(20代/接客)

▽ 生理現象にいちいち口を出されては、次からトイレに行くのさえためらってしまいます。どちらかというと「トイレあるけど行かなくて大丈夫?」と気を遣ってくれる男性のほうが、スマートでカッコよく見えますよね。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網