戻る


ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

宮沢りえ(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 女優の宮沢りえ(45)が鼻の右横にあったホクロを除去したことが話題になっている。この話を最初に報じたのは「週刊女性」(11月20日号)で、所属事務所も「ホクロを取ったことは把握しています」と同誌の取材を認めた。確かに、9月からオンエアされている「ポッキー」のCMを見ると、りえの顔からホクロが消えていた。

宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

 ポッキーのCMを見た私の知人の美容整形医は「レーザーによる除去ではないか」と推測。「ホクロは放置しておけば加齢とともに大きくなっていきます。それが理由で除去したのでは……」と解説してくれた。

 今年のゴールデンウイークくらいまで、りえのホクロはあったので、手術は5月中旬以降に行われたと思われる。りえは今年3月に「V6」森田剛(39)と結婚した。幸せの真っただ中にいた女優が“命”ともいえる顔にメスを入れるものだろうか。タイミングとして、いささか不思議に思った。

「CMは流れていますが、今年の夏以降、りえは仕事をセーブしています。目的はひとつ。今年4月に45歳になったりえには元夫との間に小学生の娘がいますが、森田との“愛の結晶”を新たに授かりたいと考えているようです」(芸能関係者)

 今夏には「女性自身」(7月31日号)で妊活に励む宮沢の姿が報じられた。その数カ月前には、妊娠を目的とする渋谷区のヨガスタジオに通う彼女の姿が目撃されている。

 そんな宮沢の周辺から、こんな声が漏れてきた。証言するのは舞台関係者だ。

「森田との入籍後に顔にメスを入れたのは、『森田のためにもっと美しくなりたい!』というより、ホクロを除去することによって『もっともっと幸せになりたい!』という祈りのような思いが彼女にあったからです」

 実際、芸能界にはこの手の話がゴロゴロ転がっている。特に演歌の世界ではこの手の験担ぎの話が多く、ヒット曲に恵まれなかった時代の森昌子が、トレードマークだったホクロを突然除去したエピソードは広く知られている。

 また、女優の沢口靖子は口元と鼻の横にあったホクロを除去して、イメチェンに成功した。

 今回のりえの決断が、いい方向に展開することを祈るばかり。春ごろには、新しい命の誕生の発表があるかもしれない。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網