戻る


プロでも“うっかり”? 将棋「反則負け」の系譜

 将棋棋士はプロといえども、人間だからミスを犯すことはある。飛車や角をタダで取られることなど日常茶飯事……とまでは言わないが、そういうミスを犯しても、さほど騒動になることはない。あの羽生善治竜王ですら、自玉の一手詰めをうっかりしたことがあるのだ(こちらは業界内では一時期、かなり話題となったが)。

【図】菅井七段の「角」が相手の駒を飛び越えてしまった局面


羽生竜王にも「反則負け」の対局があった? ©文藝春秋

 しかし、同じミスでも、「反則」となると急に耳目が集まる。10月の中旬に立て続けで3回もプロ将棋で反則が生じ、こちらは大きく報道された。

 そもそも、年に数千局ある対局の中で、平均すると毎年3〜4局ほどは反則が起こっている。10月の事例はそれがたまたま連続しただけとみることもできる。

日本将棋連盟が定めている7種類の反則

 では、将棋の反則とは何だろう。

 江戸時代の初期には反則ルールがほぼ定まったとされているが、現在、日本将棋連盟のHPに反則と定められているものは以下の通り。

1、二歩

2、打ち歩詰め

3、王手放置

4、動けないところに駒を進める

5、二手指し

6、行き所のない所に駒を打つ

7、連続王手の千日手

 このうち、3〜6についてはわかりやすい。まず王手放置については、「かかった王手を解除しなかった」と「自ら王手がかかる順に進めてしまう」の2種類があるが、いずれにしても将棋は自らの玉を取られたら負けなのだから、自玉に王手がかかった状態で相手の手番にするのがダメというのは理解できる。

「動けないところに駒を進める」とは、ルールに定められた駒の動かし方から逸脱することをさしている。プロの対局では角の道筋を間違ってしまったり、成れない駒を成ったりしてしまったという例がある。最近では、盤上の駒を飛び越えて自らの角を動かしてしまったことが話題となった。

 続いて二手指しだが、将棋は一手ごとに自らと相手が交互に指すのがルールなのだから、それを破ってはいけないというものだ。

「行き所のない所に駒を打つ」は、将棋の駒のうち「歩兵」「香車」「桂馬」の3枚は後戻りできない。よって盤上の上から一段目(桂馬の場合は二段目も)に、この3種類の駒を打ってはいけないというものだ。打っても次に動ける場所がないからである。

同じ縦の筋に2枚目の歩を置いてはいけない

 では、他の3種類の反則について細かくみてみよう。

 まず「二歩」だが、将棋盤のあるマスに自らの歩がある場合、同じ縦の筋に2枚目の歩を置いてはいけないというもの。これがなぜ反則とされたのかは明らかになっていないが、想像はつく。局面の具体例については省略するが、二歩が認められるとおそらく、千日手(引き分け)が激増する。これではつまらないというのが江戸時代初期に二歩禁止とされた理由ではないかと思う。

「打ち歩詰め」とは、あと一手で玉が詰むという局面で、トドメに持ち駒の歩を打って詰ませてはいけないというもの。入門者がまず戸惑うであろう規則の代表例だ。あくまでも最後の一手に歩を打ってはいけないというもので、「王手に歩を打つ」のは反則ではない。また「王手に歩を打つ」→「相手が王手を解除する」→「次に(歩を打つ以外の手で)相手の玉を詰ませる」というのも反則とはならない。

 そして相手の玉にとどめを刺す時、盤上の歩を1マス進めて詰ますのも反則とはならない。これは「突き歩詰め」という。

 なんとも混乱しそうなルールで、なぜこのような規則ができたのか。やはり歴史的な証拠は残っていないのだが、よく言われる推測としては「相手の殿様にとどめを刺すのが足軽ではいけない」というもの。

タイムマシンが発明されるまでは永遠の謎

 現在の本将棋がいつの時代から指されるようになったのかは明らかとなっていないが、戦国時代にはすでに庶民レベルでの流行があったことがわかっている。当時の価値観としては取られたら負けの「玉」が殿様で、対して一番枚数が多く、また性能も弱い「歩」が足軽のようなものと見られていたのではないだろうか。足軽が殿様の首を取るようなことがあってはならないという考え方ではないかと推測する。

 ただ、この考え方では「突き歩詰め」がなぜ認められたのかがわからない。最初に打ち歩詰めについて明文化されたのは、二世名人大橋宗古による『象戯図式』(1636年発行)だが、これも従来の慣習を文書化したに過ぎないとされている。

 タイムマシンが発明されるまでは永遠の謎ともいえるくらいだが、現在の視点から考えると、打ち歩詰めのルールがあることで、将棋の面白さにより深みが増したことは確かである。プロ将棋で、最終盤における打ち歩詰めに基づく攻防の妙がよくみられるからだ。この楽しさが理解できれば初心者は卒業と言ってよいだろう。

明治時代は千日手そのものが反則だった

「連続王手の千日手」も、なぜ禁止とされたのか明らかになっていない規則である。そもそも「千日手」とは同じ局面が延々と続いて勝負がつかないことをいう。一局において同一局面が4回登場すれば、千日手が成立したとされ、プロ将棋では1手目から指し直しとなる。

 連続王手の千日手は、千日手が成立する過程の手順で、片方の側が常に王手をかけ続けていることをいう。通常の千日手では、途中で王手にならない順が入っているのだが、すべて王手だと反則とされるのだ。

 これがなぜ禁止とされたのか。そもそも、明治時代は千日手そのものが反則だった。どのような規則かというと「攻めているほうが手を変えなければいけない」。

 同じ局面が4回出現するまでに、攻めているほうが手を変えなければならないのだが「攻めているほう」の定義が曖昧極まりないのだ。そもそもどちらも攻めているようには見えない局面で千日手が生じる可能性もある。むしろ現在のプロ将棋における千日手は後者のほうが多数派と言えるかもしれない。

「攻めているほうが手を変えなければいけない」の名残が、連続王手の千日手は禁止となったのではないだろうか。王手ならば明らかに攻めていると判断しやすいからだ。

二歩は打てれば好手になることが多い

 プロの公式戦では「打ち歩詰め」と「行き所のない所に駒を打つ」を除くすべての反則が出現している。その中で最も多いのが二歩だ。

 なぜ二歩が多いのかというと、二歩は打てれば好手になることが多いからである。「ああ、ここに歩を打ちたいな」という局面が生じることはままあるが、ついうっかり自らの歩を見落としてしまうということだろう。

 続いて多いのが二手指し。持ち時間が少なくなった終盤で一手指してトイレに行き、慌てて戻って次の手を指すと、相手が「まだ指していませんが」などというのが想像しやすい光景だ。

 意外に思われるかもしれないが、初手での二手指しもある。後手番の棋士が先に指すと二手指しの反則負けとなる。対局直前に行われる振り駒で先手後手が決まる対局ならまだしも、事前に先手後手が決まっているリーグ戦などの対局では、自身の手番を勘違いしたまま対局に臨んで、悲劇の主役を演じる棋士もいる。

 どこまで本当だかわからないが、先手番なのに後手番の振りをして待っていたら、相手が指してしまって反則勝ちを得た棋士がいたという話もある。

マウスのクリックミスで時間切れ負けに

 いずれにしても、プロ棋士の反則は大ポカと同じく、考え過ぎて煮詰まった瞬間に生じるものが多数派だ。3手先の手をうっかり1手目に指してしまうというのは起こり得る悲劇だが、それが反則かポカの違いに過ぎない。

「プロが反則をするなんて情けない」という見方は必ずしも間違ってはいないが、その裏にある悲喜劇を感じ取っていただければと思う。

 以下、筆者の記者生活でもっとも印象に残る、反則に関するエピソードを紹介したい。

 2008年に羽生竜王がインターネット棋戦で時間切れ負けとなった。マウスのクリックミスから生じたものだが、翌日には「羽生、初の反則負け」と大々的に報道された。

 これを見た筆者の感想は「時間切れ負けって反則なの?」というもの。冒頭で紹介した将棋連盟HPにも、時間切れ負けについては触れられていない。当時古希を過ぎていた、観戦記者の大先輩にその疑問をぶつけたら「うーん、反則とは言えないと思うなあ」とお答えいただいて、その時は自分が間違っていないなと思った。

 だが、さらに別の先輩記者に聞くと「時間内に指すのがルールなのだから、それを破ったからには反則負けだ」と講釈を受けた。

 なるほど、と実に敬服したのを覚えている。

時間切れ負けを反則と見るかどうか

 そうなると、将棋の歴史上ただ一局だけ、公式戦のタイトル戦で反則負けが生じた例があることになる(女流タイトル戦でのちに一局の例があるが)。

 1954年の第13期名人戦、大山康晴名人と挑戦者の升田幸三八段(段位はいずれも当時)が戦った、七番勝負第2局での最終盤。

 大山の着手に対し、升田が読みに没頭し、悲劇が訪れた。記録係の賀集正三三段(のち七段・故人)が秒を読み、最後の10が刻まれたのである。升田が「切れたか」というと賀集は「はい、少し」と答え、「それじゃ負けだ」と升田はあっさり投了した。局面は升田の勝ち筋だったが、少しも惜しむ様子がなかったのも大棋士たる升田の潔さだろうか。ちなみにこの対局で記録係を務めていたもう一人が、「ひふみん」こと加藤一二三三段(現九段)である。

 この対局は「タイトル戦史上唯一の時間切れ負け」とは言われるが、「タイトル戦初の反則負け」と言われたことは寡聞にして聞かない。

 時間切れ負けを反則と見るかどうか。このような解釈についてあれこれ考えるのも「観る将棋ファン」の楽しみではないだろうか。

(相崎 修司)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網