戻る


イッテQ!お祭り企画休止を日テレ社長が発表、謝罪 謝礼も認める

「イッテQ!」でっちあげ騒動を謝罪をした民放連会長で日本テレビの大久保好男社長=東京・ホテルニューオータニ

写真拡大

 日本テレビの大久保好男社長が15日、都内で、自身が会長を兼務する日本民間放送連盟(民放連)の定例会長会見に出席。やらせ疑惑が報じられた同局の人気バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」(日曜、後7・58)の祭り企画について、「お詫び申し上げます」と謝罪。疑惑問題について現在調査中とし、「当面、お祭り企画は休止といたします」と企画の休止を発表した。一方で、やらせの意図は「まったくありませんでした」と強調した。

 会見で、「多くの関係者の皆さんにお詫びを申し上げます」と謝罪した大久保社長は、お笑い芸人・宮川大輔が海外の祭りに参加する企画について、「『イッテQ!』という番組は、ロケ先やスタジオで起きたことをありのままに伝え、ありのままに見せることを大切にしてきた番組」と主張しつつ、「番組の制作陣が祭りの企画の解釈を拡大しすぎて、視聴者の皆様が祭りという名前でイメージするには無理があるものまで祭りとして扱うようになってしまった。その結果、祭りという企画に疑念を生じさせてしまったのではないか」と説明した。

 また、日テレが8日に出した「(祭りの)セットなどを設置した事実はなく、番組から参加者に賞金を渡した事実はない」という見解については「コーディネーター会社を通じて、それぞれのケースに応じて、開催費用や参加費、賞金、謝礼などを支払っているとのことでした」と修正。「番組」という表現についても「日本テレビのプロデューサーやディレクターなど狭く限定した表現で、これは誤りです。現地のコーディネーターは外部の人とはいえ、我々の大切な協力者で、番組の成立に不可欠な存在。番組サイドの方であるということは間違いありません」とこちらも修正した。

 「橋祭り」以外の他のお祭りの企画の疑惑については、調査中とした。

 今回の問題は、8日発売の週刊文春が5月20日に放送されたラオスでの「橋祭り」でのやらせ(でっちあげ)疑惑を報じ、15日の同誌でも昨年2月12日に放送されたタイでの「カリフラワー祭り」もやらせだったと報道。一部ではさらに別のロケでもやらせ疑惑が指摘されており、波紋が広がっている。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網