戻る


米加州の山林火災、壊滅の動物公園で約140匹の無事確認

米加州の山林火災、壊滅の動物公園で約140匹の無事確認

写真拡大

[マリブ(米カリフォルニア州) 14日 ロイター] - 米カリフォルニア州マリブ地区で発生している山林火災により壊滅した動物公園で、キリンなど140匹余りの動物たちが無事火災を乗り切っていたことが分かった。

この「マリブ・ワイン・サファリ」はワイナリーに併設されたサファリパーク。家族で所有するダコタ・セムラー園長はロイターとのインタビューで、キリンの「スタンレー」を含む大型動物は移動させるには危険が大きすぎるため、(ここで)火災を乗り切ってもらったと語った。

園長は、「最悪のうわさは、われわれが動物を完全に見捨てたというもの。それは事実ではない。われわれはずっと、ここで一緒にいた。身長18フィートのキリンを高さ12フィートのトレーラーで移動するのは危険だ。衝撃や怪我のリスクがあり、大半のエキゾチックアニマルは移動させることがきわめて難しい」と説明した。

ソーシャルメディアに「スタンレー」が動物園の敷地内に取り残されているように見える画像が投稿されたことから注目の的となり、人気ドラマ「モダン・ファミリー」に出演する女優アリエル・ウィンターさんが「誰かキリンのスタンレーを安全な場所に移動させる手伝いをしてくれませんか」とツイート。

これに対し、米リアリティー番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるクロエ・カーダシアンさんは、サファリの動物たちは安全な状態にあると知らされているとして、これは「フェイクリポート」だとツイートした。

セムラー園長は、避難指示を無視して「基幹要員」が園に残り、140匹の動物たちの安全を確保したと釈明した。犠牲になったのは、豚3頭、オウム2羽、エミュー1羽と羊1頭だったという。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網