戻る


仕事のロスをなくして信頼される人になる「ミスよけ」の仕組みとは?

⬜︎ 物をよくなくす・忘れる

⬜︎ 遅刻をしてしまう

⬜︎ どんなに確認しても見落としがある

⬜︎ データを管理しきれない

⬜︎ 「話したつもり」「聞いたつもり」が多い

(「はじめに」より)

著者によれば、『ミスよけ大全――失敗を予防するちょっとした仕組み160』(中島孝志著、三笠書房)は、上記のような方のためにまとめられた書籍だそうです。

しかし現実問題として、こういった悩みを抱えている方は少なくないはず。なにしろ、失敗しない人はいないのですから。

ただ、同じミスを繰り返す人がいる一方、「あの人はミスが少ない」と信頼される人がいるのも事実。しかしそれは才能や能力の問題ではなく、どんなミスもちょっとした「仕組み」によって簡単に改善できるのだそうです。

つまり、仕事と人生の「ロス」をなくし、周囲から信頼を得るための秘訣は、この仕組みを理解しているかどうかにあるということ。

そして、そんな意味で本書には利用価値があるのです。「時間・スケジュール管理」「整理整頓」「手帳・メモ・ノート術」…など、全11テーマで160種におよぶ「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」が紹介されているから。

私はコンサルタントとして20年近くのキャリアを積んできましたが、その知見と経験を総動員して、できる限りたくさんの方法を集めました。

『ミスよけ大全』というタイトルにふさわしい内容になっていると自負しています。(「はじめに」より)

ミスは人から「生産性」「効率性」を奪います。そして毎日のようにミスをしている人は、ミスが少ない人にくらべて大きなハンデを負っているようなもの。

だとすれば、そのハンデをなくすことができれば、人生はより快適に、楽しくなるはず。

そんな本書のCHAPTER 5「タスク処理 ーーやるべきこと、やらざるべきこと」のなかから、いくつかの仕組みをご紹介することにしましょう。

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網