戻る


“非国民”罵られ「貴ノ岩」が訴え断念… 白鵬の「モンゴル互助会」パワー

貴ノ岩

写真拡大

 先ごろ引退を表明した貴乃花親方と、横綱・白鵬を頂点とする「モンゴル互助会」。両者の代理戦争と目された民事訴訟は、しかし、あまりにも呆気ない幕切れを迎えた。母国で非国民と罵られた貴ノ岩はついに苦渋の決断を下したのだ。

 元横綱・日馬富士に対し、慰謝料など約2400万円の損害賠償を求めていた貴ノ岩が、突如として訴訟を取り下げたのは10月30日のことだ。貴ノ岩の代理人弁護士が経緯を明かす。

「すでに裁判所との打ち合わせも進み、期日指定も受けていたので、予定通り裁判に臨むつもりでした。この件は30万円や50万円程度の示談金で済まされる案件ではなく、裁判所にきちんと判断を下してもらいたいと考えていました」

貴ノ岩

 法廷闘争「待ったなし」の状態だったわけだが、

「貴ノ岩から“モンゴルに住む兄が激しいバッシングに遭っている。訴えを取り下げたい”と言われたのです。私たちは“何とか耐えられないか”と貴ノ岩を説得し、その場では“わかりました”と納得してくれた。ただ、その後に電話したお兄さんに反対されたのか、翌日になると“やっぱり取り下げたい”。そうしたやり取りが何度も繰り返された末、取り下げに至りました」

 暴行事件の際、モンゴルから散々口を挟んできた元旭鷲山によれば、

「事件から1年が経って、日馬富士も責任を取って引退したのに今さら訴えるなんておかしい。裁判のせいで貴ノ岩を良くいう人はモンゴルにいなくなったよ」

あのクズ野郎

 事実、母国の英雄を訴えた貴ノ岩へのバッシングは膨大な数に上る。モンゴルの大相撲ファンが集うSNSはいまも罵詈雑言の嵐だ。

〈バーサンドルジ(貴ノ岩の本名)の野郎はあれでもモンゴル人か?〉

〈(提訴で)モンゴルでの評判はガタ落ちだ〉

〈あのクズ野郎、先輩(日馬富士)の人生をメチャクチャにしやがった〉

 彼を庇う兄に対しても、

〈消えろ、この野郎! モンゴルから消えちまえ!〉

 と批判が向けられる始末。

「貴ノ岩が日馬富士を提訴してから、お兄さんの携帯電話は非通知の着信が鳴りやまず、そのほとんどが脅迫まがいの内容だった。こうした窮状を弟に訴えていたようだ」(角界関係者)

 現在、貴ノ岩を預かる千賀ノ浦親方も、

「訴訟のことは弟子にしてから知った。“取り下げた方が相撲に集中できるよな”とは言いましたよ」

 しかも、頼みの綱だった貴乃花親方は相撲界を去り、

「参院選への出馬説だけでなく、一部上場企業の役員に招聘されたという話もある。貴ノ岩が訴訟を取り下げる前日に放送されたバラエティ番組にも出演。いまの貴乃花には、外から角界の改革を進めるという気概も感じられません」(先の関係者)

 もし裁判に漕ぎ着けていれば、事件の遠因となったモンゴル互助会の内実にメスを入れることもできたはずだ。さらに、

「事件の起きた“モンゴル飲み会”で立場が一番上だった白鵬を巡っては、捜査当局も刑事訴追の可能性を検討していた。民事とはいえ、裁判が開かれれば公判の過程で白鵬の責任も追及できただろう」(同)

 だが、結果はモンゴル互助会の不戦勝。すべては闇に葬られてしまった。

「週刊新潮」2018年11月15日号 掲載

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網