戻る


【鹿島担当コラム】韓国で現地記者から質問攻め! だからイ・ミナについて聞いてみた

冒頭15分だけ公開された前日トレーニング。勝敗の予想を現地記者に聞けば「鹿島かな」と、想定外の答えをした。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

「鹿島の選手は誰?」
 
 前日会見を待つ間のことだった。隣に座る韓国人メディアから話しかけられた。
 
 会見に出席するのは監督と選手1名となっており、自分も知らなかったので馴染みの記者に聞き、「安西幸輝」と、その韓国人メディアに伝えた。
 
 微妙な反応だった。「キャプテン?」とさらに聞いてくるあたり、絶対に安西のことは知らなかったはず。だから、ネット上で安西の写真を探し、「この32番だよ」と教えてあげた。
 
 さらに質問が続く。「決勝に進むのはどっちだと思う?」。当然、鹿島だ。当たり前だ。第1レグも勝っている。愚問すぎて、答えるのもバカバカしい。
 
 答えるのもバカバカしい質問だけど、こっちもしてみた。それがマナーというものだ。「じゃあ、あなたはどっちが勝つと思う?」。
 
「鹿島かな」
 
 え? 想定外。そんな答え、準備してなかった。「ホワイ?」と返すのが精一杯。
 
「水原はさ、ディフェンスが弱いからね」
 
 いわんやディフェンスが弱かったとしても、そこは自国のチームを応援するだろ! でも、目の前の20代前半とおぼしき爽やかな好青年は、冷静かつ客観的に試合を展望していた。
 
 その後、名刺を交換し合うと、「サッカーダイジェスト? 有名だよね!」と。悪くない気分だ。「日本の記事、ヤフーで読んでいるよ」とも。だが、列挙した媒体名は「ゲキサカでしょ、日刊スポーツ、あとサッカーキングとか」。
 
……まあ、いい。自分のパソコンで「ほら、『サッカーダイジェストweb』ってあるからさ」とさりげなく宣伝。そのトップページには、韓国女子代表イ・ミナの写真が掲載されていた。
 
「ほら、イ・ミナの記事もあるよ。ビーナスね。……ビーナスなの?」
 
 こちらの言っている意味があまり理解されていなかったようなので、「韓国でも人気ある?」と質問を変えた。
 
「あるよ。ナンバーワンだね。良い選手でもあるしね」
 
 ルックス抜群で実力もあるスター選手は、韓国でも高い人気を誇るようだ。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【イ・ミナ厳選PHOTO】ここでしか見られない!闘うビーナスのキュートかつ勇ましい秘蔵写真をお届け

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網