戻る


清水、FWクリスランが全治8カ月の大ケガ…右ひざ前十字じん帯を損傷

清水、FWクリスランが全治8カ月の大ケガ…右ひざ前十字じん帯を損傷

写真拡大

 清水エスパルスは23日、ブラジル人FWクリスランの負傷を発表した。

 クリスランは20日に行われた2018明治安田生命J1リーグ第30節・サンフレッチェ広島戦に先発出場したが、37分に負傷交代していた。静岡市内の病院で検査を行った結果、右ひざ前十字じん帯損傷と診断されている。全治までは8カ月を要する見込み。

 同選手は昨季、SCブラガ(ポルトガル)からベガルタ仙台に期限付き移籍で加入し、J1リーグ戦29試合出場8ゴールをマークした。昨季限りで仙台への期限付き移籍期間が満了し、今季より清水でプレー。ここまではJ1リーグ戦24試合出場5ゴールを記録していた。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網