戻る


トレセンを逢瀬に使った「バド桃田賢斗」に憤りの声 本誌取材に“わかんないです”と誤魔化す

舞台となった「味の素ナショナルトレーニングセンター」

写真拡大

バド「桃田賢斗」と「美貌選手」の夜這いシャトル事件(2/2)

 違法カジノ店通い、スナックママとのハレンチ写真流出に続き、今度は強化合宿中の密会である……。バドミントンの桃田賢斗(24)のお相手となったのは、女子ダブルス日本代表の福島由紀(25)。舞台となったのは文科省により巨額を投じて建設された「味の素ナショナルトレーニングセンター」だ。桃田との逢瀬によって、福島が抜き打ちのドーピング検査を「ぶっちぎる」事態も起きていた。

 ***

 桃田と福島は「世界一の男女」ではあるものの、ともにまだ20代半ばの若者。まさに「若気の至り」があっても、当然と言えば当然。だって人間だもの。コートの外でも「よろしくご活躍」の様子で何より、と見るムキもいるかもしれない。

舞台となった「味の素ナショナルトレーニングセンター」

 他方、先に記したようなトレセンの公的性格などを考えれば、

「あそこでは、『JOC(日本オリンピック委員会)エリートアカデミー』に所属する中学1年生から高校3年生のスポーツエリートの少年少女たちも住み込みで練習している。そんな場所を、男女の『逢瀬』のために使っていいはずがない」(トレセン利用経験のある現役スポーツ選手)

 といった呆れ声や、

「トレセンでは、ナショナル選手になるとシングルの部屋が与えられるなど、とりわけ日本代表選手が優遇されています。心身ともにひとり部屋でリラックスし、練習に専念してもらいたいという配慮からです。それを、『逢引き部屋』として利用していたなんて言語道断。そもそも、JADA(日本アンチ・ドーピング機構)に迷惑を掛けるのもあってはならないことです」(トレセン利用経験のあるコーチ)

 こうした憤りの声が上がるのも理解できる。しかも当事者のひとりは、どれだけ脇を締め、また褌(ふんどし)を締め直しても締めすぎることはないであろう、あの桃田だったのだから。さて、当の桃田の弁明やいかに。

「わかんないです」!?

――福島さんが桃田さんの部屋に行っていた。防犯カメラを調べてそれがわかった(※前回参照)という騒動があったと思うんですが。

「そうなんですか?」

――そういったことはない?

「わかんないです。そういう噂が出ているんですか?」

――バドミントン協会でも問題になったと。

「あ、そうなんですか」

――そういったことは絶対にない?

「あの、広報の方に連絡してもらって……」

 どうにも歯切れが悪い桃田の代わりに、所属先であるNTT東日本に訊(き)くと、

「桃田が泊まっていた部屋で、福島選手と話をしていたことは事実です」(広報室)

 桃田と福島の「同室騒動」は認めつつも、あくまで「話をしていた」だけと回答。ちなみに、

「福島が桃田の部屋に滞在していたのは短時間ではない」(トレセン関係者)

 要は、ふたりは少なくとも夜明け前から同室にいたわけだ。ともに20代の男と女が、ベッドのある空間で、ふたりきりでずっと話をしていた、ただそれだけ……。あとは「一線を越えたか越えないか」の“プロ”である今井絵理子先生に判定を委ねるしかなさそうだが、再びNTT東日本の回答に戻ると、

「協会から、福島選手と自室で話をしていたことについて厳重注意を受けたことは事実です」

「誤解を招く行動をとってしまったことについて、深く反省しています」

「結果として、福島選手がドーピング検査に間に合わなかった一因となってしまったことについて、関係者の皆様に深くお詫び申し上げます」(いずれも広報室)

 一方の福島の所属チームは、「自由時間のこと」として、JADAを振り回した件に言及することなく回答を避けた。

 スポーツジャーナリストの谷口源太郎氏が叱責する。

「強化合宿という環境を『好都合』と捉え、ふたりは『接近』した。ドーピング検査を軽視したとも受け取れる行為で、幼稚であり未熟さを感じます。世界一、つまりチャンピオンになることが、決して人間性の成長とは結び付かないということが今回の件で明らかになったと言え、残念です」

 兎(と)にも角(かく)にも、桃田は女子選手と「密会」し、ドーピング検査に支障を生じさせてしまったわけで、いくら若い男女の「情熱的行動」とはいえ、いささか矩(のり)を踰(こ)えていたことは否めまい。

 コートを離れても、「オーバーネット」にはご用心。

「週刊新潮」2018年10月18日号 掲載

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網