戻る


学校通信に“うちの子は載せないで” やり過ぎ「個人情報保護」の危険性

「生徒の名があれば裁断」(千葉県の小学校教諭)

写真拡大

 今日び、SNSの“中毒患者”が等しく口にするのが「繋がっていたい」という願望である。そんな彼らも、個人情報の流出には神経を尖らせるが、過剰な個人情報保護のせいで、至るところで「繋がり」が断たれ、個人が疎外されつつあるのにお気づきか。

 日本人の美徳として「連帯感」を挙げる外国人が多いが、その土台となってきたのが、地域の絆を大切にする伝統だろう。ところが昨今は、連帯もへったくれもないありさまである。

 その昔、子供はみんなで育てるものだったが、大阪市立小の教諭によれば、

「保護者間で連絡を取り合える緊急連絡網は、個人情報の漏洩防止のためになくなった。だから、子供がほかの子の家を訪ね、帰ってこないという場合、問い合わせは学校にきます。でも、相手のお母さんに電話して承諾を得ないと、電話番号を伝えられません」

「生徒の名があれば裁断」(千葉県の小学校教諭)

 横浜市立中学の教諭も、

「台風に関する情報などは、どうしても父母に伝える必要があり、一斉メールを配信していましたが、一部の親から“流出が怖いのでリストから外してほしい”という要望があった。しかし、その家庭にだけ伝えないわけにはいかず、担任が個別に電話します。こうしている間に、仲良しグループだけで情報を共有する妙な関係性が構築されています」

 そう言って、続ける。

「運動会などでスナップ写真を撮って学校通信などに掲載する際、“うちの子は載せないで”と言う親がいるので、いちいち許諾をもらう必要がある。校外のスポーツ大会も、柔剣道などの個人競技では“うちの子の名前は出さないで”という要望がくる。結果、○○中学校A対○○中学校Bという、奇妙な対戦表ができ上がります。校外コンクールに出す作文も、“○○君と遊園地に行きました”という記述があれば、○○君に名前を出していいか確認し、ダメなら仮名にします。カバンなども見えるところに名前を書かないように指導していて、紛失すると出てきにくくなった。生徒に名札もつけられず、教師も、ほかのクラスの子の名前は覚えられません」

 自分だけを守ろうという利己主義が蔓延し、子供同士、あるいは子供と大人の関係性が希薄になった結果、子供たちは守られるどころか、危険に晒されている。

孤独死の増加も

「信教や思想信条、疾病情報、銀行口座の預金残高などは、他人に容易に知られてはまずい個人情報。ですが、氏名や住所といったレベルの情報は、プライバシーとはいえない。むしろ公共財として幅広く流通させたほうが、社会のためになる。ところが、全部がごっちゃに扱われているのが最大の問題です。最近は、地域住民に必要な情報すら開示されません」

『情報化時代のプライバシー研究』の著者、学術博士で元国際大学教授の青柳武彦氏は、そう指摘する。

 都内の霊園に聞いても、

「お墓の場所は、基本的にはご親族以外にはお知らせしません。また、どなたにも知らせたくないという方もいらっしゃいます」

 個人ばかりか、故人情報にも敏感なのだ。こうも病的では、いずれしっぺ返しを食らうのではないか。災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏は、

「私が住んでいた港区の賃貸マンションなど、どの世帯もネームプレートに名前を書かず、災害時に、要支援者がいても助けられません。ただでさえ希薄な人間関係が、個人情報保護法によって、いっそう希薄になった感があります」

 と指摘。青柳氏も、

「個人情報の保護に比例して、地域の人間関係がどんどん希薄になっている。災害時に必要な救助ができないのはもちろん、孤独死の増加も、この状況と無縁ではないと思います」

 言うまでもなく、人は一人では生きられない。過ぎたる個人情報保護によって、日本の美徳でもあった絆を自ら断ち切れば、小さな個人など、大波のうねりの前にひとたまりもない。

「週刊新潮」2018年10月18日号 掲載

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網