戻る


クロちゃん、番組検査で脳動脈瘤見つかる 医師団が手術勧める事態に

安田大サーカス・クロちゃん

写真拡大

 お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃん(41)が22日放送のTBS医療バラエティー番組「名医のTHE太鼓判」(月曜後7・00)に出演。番組で受けた脳MRI検査で脳動脈瘤が判明した。

 クロちゃんはこれまで同番組で2型糖尿病であることが判明したほか、慢性腎臓病、肝機能障害などの生活習慣病も発覚し、専門医に食事や運動療法を指導される「教育入院」を行うなど生活改善に取り組んでいた。

 だが、半年ぶりの検査では番組医師団による余命宣告が“余命3年、寿命44歳”という驚きの結果に。脳MRI検査で脳動脈瘤が見つかったという。脳神経外科の専門医によると、直径7ミリという危険な大きさで破裂すると「くも膜下出血」になる危険があるという。

 5ミリを超えると手術を勧めるが、7ミリを超えると破裂率が飛躍的に上がるという。「くも膜下出血」は3分の1の人が突然死、3分の1の人に後遺症が残るというデータがある説明した。クロちゃんが「薬を飲めば治るとかじゃないんですか」と質問すると、医師は「手術治療しかない」と答えた。

 別の医師は「脳動脈瘤は偶発的な要素で起きた可能性があるが、脳動脈瘤が見つかった状態で高血糖、高血圧がある人は非常に危ない。明日、あさってに突然死してもおかしくない」と指摘。予定していた番組収録後にも医師団はクロちゃんに手術を勧めるほど、現在の状態を危険視していた。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網