戻る


そのセリフ怪しすぎ…信用できない男性陣の言葉とは?

男性的には良かれと思って発言しているであろうセリフが、女性からすると怪しく感じてしまうことってありますよね。「これって絶対本心じゃないんだろうなぁ……」と、一歩引いた目で見てしまいます。
そこで今回は「信用できない男性の言葉」についてご紹介します。

1. 「何もしないから!」

「とある男性と初デートの前にLINEをしていたのですが、『俺何もしないから!』『だから安心しておいでね!』と言われた。そういう下心が見えた時点で無理だと思ってしまい、ドタキャンしちゃいました」(20代/接客)

▽ そもそも「何もしない」というワード自体が、「何かする気がある」という前提での発言ですよね。わざわざ「何もしない」発言をしてくる男性を、信用できないのは当然かも……。紳士的な男性ほど余計なことは言いません。「この人ちょっと怪しいな……」と思ったら、自分から回避するようにしましょう。

2. 「俺、一途だよ」

「『俺、一途だよ! だから付き合っても後悔しないよ〜』と言われたんですが、裏で遊びまくっているのを知っています。やっぱりウソは冷めますね」(20代/事務)

▽ こちらもわざわざ「一途」をアピールしてくるところに、引っかかる部分がありますよね。それに見た目や雰囲気、会話などで、本当に一途かどうかはわかるもの。いくらその場だけ取り繕っても、本当の性格は意外とバレてしまうものです。

3. 「ごめん寝てた」

「彼にLINEを送ると、翌日『ごめん寝てた』と返ってくるんだけれど……。たまに『これどこか飲みに行ってたんだろうな』って感じるときがある」(30代/貿易関係)

▽ 彼のことは信用したいけれど、直感的に「今日はウソのにおいがするな……」と思うことってありますよね。そこまで頻繁じゃなければ許せそうですが、不信感が募りすぎてしまうと、いつか爆発してしまうかもしれません。

4. 「なぜかフラれちゃうんだよね〜」

「イケメンに限って『俺自分からフったことない』『なぜか彼女にはフラれちゃうんだよね〜。可哀想でしょ?』と、さも自分が被害者かのように言ってくる率が高い。でもそれって自分が彼女のことを大切にしなかったからじゃ……? と思ってしまう」(20代/受付)

▽ 「俺はフラれてばっかり」と、やたら可哀想な自分をアピールしてくる男性っていますよね。しかも基本的には「俺ってこんなにカッコいいのにフラれてばかりなんだよ……?」というニュアンスが含まれているので、相手にする方も面倒くさくなりがち。
しかもそもそもフラれる理由って、男性側が浮気をしたとか、彼女の連絡を無視したなど、「フラれるように持っていった」パターンもあるものです。彼の話を鵜呑みにして交際を開始してしまうと、「こんなはずじゃなかった」と後悔するかも……。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網