戻る


丸亀製麺、「うま辛坦々うどん」に最高100倍の辛さ 期間限定で登場

100辛のうま辛辛辛辛辛担々うどん。(画像: トリドールジャパンの発表資料より)

写真拡大

■丸亀製麺から期間限定で「うま辛辛辛辛辛坦々うどん」が登場!

 讃岐うどんの専門店「丸亀製麺」では、「うま辛坦々うどん」に辛さをレベルアップできる裏メニューを期間限定で販売する。その名も「うま辛辛辛辛辛坦々うどん」。これでもかというぐらいに「辛」が並び、商品名だけでその辛さが伝わってくる。辛さは1辛〜5辛と10辛、20辛、50辛、100辛の10段階から選択可能。10月23日から全国の丸亀製麺にて販売される。50辛と100辛についてはデジタルチケットが必要だが、20辛までなら店頭で注文できる。

【こちらも】ロッテリア、「サーモングリルバーガー」を期間限定販売 11月1日から

■未知の辛さの領域へ

 「うま辛辛辛辛辛坦々うどん」:並650円 大750円 得850円

 「うま辛坦々うどん」をベースに1〜5辛は30円、10辛は100円、20辛は200円、50辛は500円、100辛は1,000円をそれぞれプラスして注文する。

 50辛と100辛については「あなたは何辛?『うま辛辛辛辛辛坦々うどん』特設サイト」で、無料で発券できる裏メニューデジタルチケットを持っている人のみ注文可能。挑戦を希望する覚悟のほどを予め確認するシステムになっている。未知の辛さの領域に踏み込む人への救済措置として、辛さをいくらか緩和できる温泉玉子が1つ進呈されるというサービスを実施。うどんを食べた後に白ご飯(130円)を入れる「うま辛坦々めし」もオススメのメニューとなっている。

■特設サイトで自分好みの「辛さ」を選ぶ

 特設サイトでは「辛」と記されたボタンをクリックすることで、辛さをレベルアップでき、自分で選んだ辛さのチケットを発券できる(1人につき1チケットのみ)。

 ボタンを押していき「次は10辛」という画面が出ると、その上部に「ささやかな刺激しか求めていない方にぴったり(勇気があればさらにボタンを押してみましょう)」などと表示される。さらに押し続け「次は50辛」の画面になると「警告!引き返すのなら今のうち」といった警告文に変わっていく。辛さのレベルが上がれば上がるほど、健康状態に留意すべきという内容の警告文が表示される。50辛や100辛を注文したい人には、この画像を必然的に見ることで改めてその覚悟が問われる仕組みになっているようだ。

■発売から好評の「うま辛坦々うどん」

 10月9日から販売がスタートした「うま辛坦々うどん」は、少し肌寒なって来たこの時期にぴったりのメニュー。濃厚かつクリーミーなスープと甘辛の肉味噌の相性が抜群で、かつおの香ばしさや仕上げにかける香味ラー油もアクセントになっている。販売は11月12日(月)まで。

■なくなり次第終了となるのでお早めに

 寒くなってくると、辛い物を食べて体を温めたいと思う人も多くなる。今回丸亀製麺から販売される「うま辛辛辛辛辛坦々うどん」も注目されることは間違いないだろう。どのレベルの辛さを選ぶかは自己責任となっているので、まずは控え目なレベルで試してみる方が無難かも知れない。なくなり次第終了となるので、食べてみたいという人はお早めに。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網