戻る


沢田研二 騒動後初コンサートは「満員御礼」 “異例”ステージ序盤にMC入る

歌手の沢田研二

写真拡大

 客席の空席が目立つとして17日のさいたまスーパーアリーナでの公演をドタキャンした歌手・沢田研二(70)が21日、大阪狭山市のSAYAKAホールで予定通り、午後4時から騒動後初のコンサートをスタートさせた。

 沢田は開演時間の約4時間半前、午前11時40分にシルバーのワゴン車に乗って会場に到着。テレビカメラ約10台、報道陣約30人が待ち構えたが対応することはなかった。

 コンサート主催者によると、7月下旬に売り出されたこの日の公演チケットは8月半ばには約1200枚が完売。今回のツアーではアンコールまで一気に沢田が歌い、MCなどは終盤に入るだけの構成だったというが、今回の騒動を受けてステージ序盤にMCが入ったという。前日、大阪に向けて横浜市内の自宅を出た際、ファンへの思いを問われた沢田も「ステージ上で言います」と話していた。

 沢田は7月6日からスタートさせていた全国ツアー「OLD GUYS ROCK」で、全66公演中の35公演目にあたるさいたまスーパーアリーナの公演を開演1時間前に中止。9000人の動員と聞いていた集客状況が、実際は7000人ほどだったことで「客席がスカスカの状態でやるのは酷。僕にも意地がある」などと自ら中止を決めたことを明かしていた。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網