戻る


次戦相手に尚弥は自信「期待していたファイトには到達していなかった」

 次戦の相手に決まったロドリゲス(右)とにらみ合う井上尚弥

写真拡大

 「ボクシング・WBSS1回戦、IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(20日、オーランド)

 高額賞金トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」バンタム級1回戦の第3試合が20日(日本時間21日)、米国・オーランドのCFEアリーナで行われ、IBF世界同級王者のエマヌエル・ロドリゲス(26)=プエルトリコ=が2−1(115−113×2、113−115)の判定で、指名挑戦者で同級3位のジェイソン・モロニー(27)=オーストラリア=を退け、初防衛に成功。来春にも予定される準決勝でWBA世界同級王者・井上尚弥(25)=大橋=と対戦することが決まった。両者はリング上で握手し、フェースオフで早くも闘志をたぎらせた。

 試合後、感想を求められた井上は「自分が期待していたファイトには到達していなかったというのが率直な感想です」と口にした。井上に続く優勝候補と目されていたロドリゲスだったが、後半ボディーを打たれて失速するなど、僅差の2−1判定での勝ち上がりとなった。

 同行した大橋秀行会長は「僕も一緒」と答えながらも「前半の右カウンター、左フックは怖い。印象に残った」とロドリゲスについて語り、長旅を経て現地視察できたことに「生で見るのと、DVDでは印象は全然違う。来て良かったです」と収穫を語った。

 井上も「前半のカウンターは切れ味鋭いですが、対策は十分練ることができますね」と自信を示した。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網