戻る


村田 完敗認める 大差判定に拍手「もう完全に負けたと思っていた」

2度目の防衛に失敗し、肩を落とす村田諒太=米ラスベガスのパークシアター

写真拡大

 「ボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ」(20日、ラスベガス)

 WBA世界ミドル級タイトルマッチが20日(日本時間21日)、米国ラスベガスのパークシアターで開催され、王者・村田諒太(32)=帝拳=が0−3(110−118、109−119×2)の判定で同級3位・ロブ・ブラント(28)=米国=に敗れ、2度目の防衛に失敗した。

 現地ブックメーカーのオッズで村田1・2倍、ブラント4・5倍となったように、圧倒的有利と見られた試合で村田が王座を失った。ベルトを失い、「右も読まれてたし、自分のボクシングの幅も狭くて、あ、負けたな、という感じです」と心境を語った。

 ブラントのジャブとスピードの前に強打は空回り。ジャッジ3人が8〜10ポイントという大差を付ける結果となった。「もう完全に負けたと思っていたんで、負けたなと」。新王者誕生を告げる「New」のアナウンス後、勝者に拍手を送った。

 今後について村田が契約するトップランク社のボブ・アラムCEOは、日本でブラントとの再戦を実現させたい意向を示した。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網