戻る


村田諒太 2度目の防衛ならず ブラントに判定3―0で敗れる

ブラントのパンチを受ける村田(左)(AP)

写真拡大

 ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチ12回戦は20日(日本時間21日)、米ネバダ州ラスベガスのパークシアターで行われ、王者・村田諒太(32=帝拳)は指名挑戦者で同級1位のロブ・ブラント(28=米国)に判定3―0で敗れ、2度目の防衛はならなかった。

 ブラントが立ち上がりから前に出てくる予想外の展開。序盤からスピードと手数に勝るブラントに主導権を握られた村田はジワジワとプレッシャーをかけて反撃。5回には右ストレート、右フックを顔面にヒットさせる場面もあったが、終盤までブラントの勢いを止めることができず、ジャッジ3人の採点は118―110が1人、119―109が2人と大差がついた。

 過去に米国での王座防衛に成功した日本人世界王者は西岡利晃、亀田和毅、河野公平、井上尚弥の4人。5人目を目指した村田だったが、無念の敗戦で王座から陥落。元統一世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(36=カザフスタン)とビッグマッチ実現の可能性も消滅した。

 また、日本人の現役世界王者は4人となった。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網