戻る


交番ごとパトロールかよ!三笠製作所×ドバイ警察が世界初の移動式交番を開発

Image: 制御盤 三笠製作所

日本の企業なのに、日本が遅れを取っているような歯がゆさ。

制御盤を得意とする、愛知県のエンジニアリング・メーカー三笠製作所が、ドバイ警察と共同開発を進めてきた世界初の自動運転車が、中東最大の情報通信技術展示会「GITEX Technology Week 2018」にて展示・発表されました。

実はこれ、交番なんです。しかも自走するんです。この「SPS‐AMV」はまだコンセプト・モデルだそうですが、非常に斬新ですよね。特設ページにはこう書かれています。

SPS‐AMVは「Smart Police Station-Autonomus Mobile Vehicle」の略で、ワイヤレス充電および太陽光発電で内蔵バッテリーを充電して稼働する自動運転・電動ビークル(AMV)に、警察行政サービス端末(SPS)を搭載したもの

まずはコンセプト映像で、その全容をつかんでみてください。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網