戻る


湖畔に悪夢の光景… クモ大量発生、全長1キロを巣で覆う ギリシャ

ギリシャ北部クサンティ近郊にあるビストニダ湖の湖畔を走る道路で、クモの巣に覆われる路肩(2018年10月18日撮影)。(c)Sakis MITROLIDIS / AFP

写真拡大

【AFP=時事】ギリシャ北部のビストニダ(Vistonida)湖では今、クモ嫌いの人にとって悪夢となる光景が広がっている。大量発生した数十万匹のクモが、湖畔に巨大な巣を張ったのだ。

 生物学者らによると、この現象は珍しいものの過去にも発生しており、季節外れの暖かい気候によってクモの餌となる蚊などの羽虫が増えることで引き起こされる。湖の周辺では、計約1キロにわたって道路沿いの茂みやガードレール、低木がクモの巣で覆われた。

 大量発生したのは脚の長さからアシナガグモと呼ばれる種類で、水源の近くに巣を張ることで知られているほか、水面を移動できる種類も存在するとされる。

 同じ現象は先月、ギリシャ西部の沿岸都市エトリコ(Aetoliko)でも起きていた。クモの巣は気温の低下と降雨の増加に伴い消えていく見通しだ。
【翻訳編集】AFPBB News

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網