戻る


北海道警「公然わいせつ巡査部長」初公判で語った“衝撃の自慰行為”

 弁護人や証人、裁判官、書記官、そして約30の座席を埋め尽くした傍聴人が何とも言えない表情で検察官の語りに耳を傾ける。その中で、ひとり被告人だけがほとんど無表情だった。スーツの前ボタンを留めずに浅く腰かけ、小さく口を開けている。

【画像】事件に揺れる北海道警察本部

 女性検事が早口で朗読するのは、その事件の被害者である小学生児童の供述だ。

「家の前で遊んでいたら、知らない男の人がいつのまにかオチンチンを出していた。オチンチンを触って、何かがピュッと出た。気持ち悪かったし、なんでこんなことするんだろうと思った」


©iStock.com

路上に残されていたのは「尿」ではなかった

 静まり返った法廷で、男性器を指す幼児語が何度も繰り返される。語られたのは、白昼の路上で小中学生を相手に露出行為を繰り返した男(26)の犯行の一部始終。人定質問で職業を問われ、ぶっきらぼうに「無職です」と答えた彼は事件当時、北海道警の現職警察官だった。

 今年6月24日午後、札幌市南区の住宅街に変質者が現われた。近所に住む女子小学生4人が公園の近くで遊んでいたところ、その男は突然、下半身を露出した状態で姿を現わしたという。事件を知った地域の小学校は保護者向けの「防犯だより」に、男が「塀に放尿した」という児童の報告を記した。だが、たまたまその様子を目撃していた近隣住民が現場に赴くと、路上に残されていたのは「尿」ではなかった。住民はすぐに110番通報、自宅の窓からタブレット端末で撮影した映像を警察に提供し、早期解決を願い出る。容疑者逮捕の報が伝わったのは、事件から1カ月強が過ぎた8月7日のこと。地域内を2エリアに分けて巡回を続けていた町内会役員らは、一様にほっとした。

 町内では、2年ほど前から類似の公然わいせつ事件が頻発していた。2016年の秋以降、同じ人物によるとみられる露出事案が狭い範囲で集中して起きており、先の小学校の防犯だよりでは計5回、中学校の報告書でも重複のケースを含めて5回、北海道警の登録制防犯メールでは13回にわたって目撃情報が発信され、そのつど注意喚起がはかられていた。6月の事件の解決は、住民にとってその連続事件の終息を意味していた。

逮捕された巡査部長は「署長の息子」だった

 同じ町内でおそらくただ1軒、事件解決を喜ぶことができなかった家がある。家の主は、現職の幹部警察官。北海道内の大規模警察署の1つ・札幌中央署のトップに就いたばかりだった。ノンキャリアの星といえる椅子に上りつめた署長が頭を抱えたのは、地域を騒がせた連続わいせつ犯が自分の息子だったためだ。2010年に道警に採用された息子はこの春、巡査部長に昇任して札幌北署から苫小牧署に異動、生活安全課で窓口業務を務めていた。

 逮捕された巡査部長はその後の取り調べで、16年秋以降の事件の多くを自供することになる。彼自身が記憶する余罪は、先の防犯だよりなどに記録されたケースを含めて少なくとも29件に上った。地元の札幌地検は、そのうち3件で巡査部長を起訴。いずれも現場の路上から精液が採取され、DNA型が巡査部長のそれと一致したことによる。

「やはり未成熟の女子高生に見られるのが一番興奮する」

 10月10日に札幌地裁で行なわれた初公判では、本人の供述調書から次のようないきさつが明かされた。

「2年前の夏ごろ、ススキノで飲んで酔っ払い、自宅付近まで帰って来てふと気がつくと、素っ裸で路上に寝ていた。この時、例えようのない解放感と羞恥心に快感を覚えてしまって、それ以来『恥ずかしい姿を見られている自分』というシチュエーションに異常な興奮を感じるようになり、自慰行為をするようになった。成人した女性でも感じるが、やはり未成熟の女子高生に見られるのが一番興奮する」

 引き合いに出される「女子高生」はしかし、連続事件の被害者としてはむしろ少数だった。ターゲットとしては小中学生が圧倒的に多い。その理由もまた、本人の調書で明かされることになる。

「中学生なら、まだスマートフォンを持ち歩いていないから、すぐに通報されることはない。小学生なら、陰茎をしごいて何をやっているのかわからず、固まってしまい、じっくり見てくれる」

 最初に「快感」を覚えたのが実家の近くだったため、犯行はもっぱらその町内で繰り返されることになったようだ。車で近所を走り、路上で見かけた小学生あるいは中学生に狙いを定めると、相手の歩く道を先回りして車を駐める。すぐに逃げられるよう、エンジンはかけたまま。下半身を露出して女の子とすれ違うように歩いたり、建物などの陰に隠れて見せつけたり……。早く気づいてもらえるよう、自ら「見て見て」と声をかけたことも一度や二度ではなかった。

 これだけで充分に倒錯しているといえるが、巡査部長はさらに別の「快感」も求めた。地域を管轄する札幌南署の防犯メールを受信登録したのだ。もう一度、供述から。

「自分がやった公然わいせつ事件が発信されたのを確認し、騒ぎになっているのを見て楽しんでいた」

「久びさに一発出して帰るか」

 逮捕の決め手となった6月の事件を起こしたのは、その1つ前の犯行以来、半年ぶりのことだった。4月に苫小牧署へ異動後、巡査部長は同市内で初めて1人暮らしを始めていたが、事件の日は休みで実家に帰省していたという。夜には苫小牧で仕事に戻ることになっており、午前中に家族に見送られて実家を出発。そこで「久びさに一発出して帰るか」と思った。正午過ぎ、いつものようにエンジンをかけた車のかたわら、4人の女の子に目をつけ、「急いでしごいて準備」した。しごき続けると、女の子たちは注目してくれた。そこで「今だ」と思って射精した――。

 初公判の法廷で証人に立った巡査部長の母親は、この日初めて犯行の詳細を知ることになり、証言台で泣き崩れた。かたわらに掛ける息子は、やはりほぼ無表情。その後の検事質問で「犯行をやめようと思ったことは」と問われては、抑揚のない声で「ないです」と答え、「逮捕されるまでやり続けたと思う」と言い切った。

 幹部職員の父親は、法廷に姿を現わさなかった。証拠説明や尋問の場でも、巡査部長との親子関係は話題に上っていない。その父親は事件が起訴された8月下旬、いかにも唐突な異動で中央署長を退き、札幌市警察部長というポストに就いた。地元月刊誌の取材でこの異動と事件との関係について訊ねた筆者に、道警は「プライバシーに関することはお答えできない」と回答を拒否。一方の元署長本人は筆者の直撃に「たいへん申しわけなく思っている」との一言を返した。道警は8月27日付で巡査部長に「停職1カ月」の懲戒処分を言い渡し、マスコミに対しては「今後よりいっそう職員の倫理意識を高め、信頼回復に努める」とコメントしている。

初公判で結審、検察は懲役6カ月を求刑

 停職処分の直後に依願退職した元巡査部長はその後、保釈。身柄拘束を解かれた彼は現在、札幌市南区の実家に、つまり20件以上の犯行を重ねたその町に住んでいる。初犯のため執行猶予判決となる公算が大きく、警察学校同期生の1人は「どこかに閉じ込めないといけないのでは」と再犯のおそれを指摘する。元巡査部長自身、事件を起こす前から「自分はちょっとおかしいのでは」という自覚があったようだ。弁護人質問では、その時の思いを次のように語っている。

「自分はほかの人より性欲が強いと思ってたので、インターネットでいろいろ調べたら『性依存症』という障害があると知りました。でも自分自身、精神障害があると認めたくなかったので、放置しました」

 わいせつ事件の裁判は初公判で結審、検察は懲役6カ月を求刑した。10月初めから元巡査部長が通い始めた札幌市内の病院は今後、「露出症」の診断名で彼の治療を続けることになるという。

 判決は10月24日、札幌地裁で言い渡される。

(小笠原 淳)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網