戻る


呼び捨て? あだ名? 名前の呼び方で分かる彼の本音&二人の関係性

名前の呼び方っていろいろありますよね? 名前を呼び捨てにしたり、名前+ちゃん・あだ名・苗字……。彼はあなたのことをどんなふうに呼びますか? 実は名前の呼び方には「本音」や「深層心理」が隠されているのだとか!
今回は「名前の呼び方」で分かる彼の本音と二人の関係性をチェックしてみましょう!

呼び方で分かる彼の本音&関係性

「苗字+さん」

苗字+さんで呼ばれている場合は「まだ距離がある証拠」。初対面やあまり親しくない仲では「さん」で呼ぶのが一般的ですが、親近感はあっても「まだ壁がある」と感じているサインでもあります。
また自分にとって「憧れの存在」であるときも「○○さん」と尊敬の意味を込めて呼ぶ場合もあります。
気になる男性であれば「下の名前で呼んでほしい」「○○ちゃんって呼んでください」と自分からアピールして距離を近づけるといいでしょう。

「下の名前+さん」

下の名前+さんで呼ばれている場合は、「好意はあるけど、まだ少し距離がある状態」です。あえて下の名前で呼ぶということは「恋愛対象としての好意」が隠されている可能性も。
ですが「あまり馴れ馴れしくして嫌われたくない」ので、「さん」をつけてしまう……といったところです。わざわざ下の名前で呼ぶほど「あなたに強い興味」を持っていることは確かです。
気になる彼が相手なら、こちらは「さん」ではなく「彼の下の名前+くん」でさらに仲を深めることもできるはずです!

「下の名前+ちゃん」

下の名前は好意の表れ。「さん」ではなく「ちゃん」と呼ぶ場合はかなり親しみを持っていて、もっと仲良くなりたい、近づきたいと思っています。
また「○○ちゃん」という呼び方には「可愛い」と思っているケースも! 親しみがあって可愛らしい女性だなと思うと「さん」より「ちゃん」になります。彼にとって“特別な存在”である可能性が高いでしょう。脈アリの可能性も大!
もっと仲良くなるために、あなたから声をかけたり、積極的にコミュニケーションをとってみるのもオススメです。

「あだ名」

みんなが呼ぶ「あだ名」は、親近感はあるけれど「友達感覚」といった関係性です。もし恋愛対象として興味があるならみんなが呼ばない「特別な呼び方」をしたいと思うものですよね?
仲もいいし距離も近いけれど「みんなが呼ぶあだ名」なら「友達」としての好意といえます。いい子だけど「彼女って感じじゃないな」という本音も隠れています。
もし距離を近づけたいなら女性らしいファッション、キレイな仕草など「女性らしい言動」を意識して「ドキッ」とさせてみましょう。友達以上の関係につながるはずです。

「苗字の呼び捨て」

苗字を呼び捨てするのは「親近感はあるけど恋愛や友達としてじゃない」という本音が隠れています。学生の頃など「鈴木〜!」と苗字で呼び捨てにされる機会があったと思いますが、それと同じ感覚で「仲間のなかのひとり」という感じです。
ただ「さん」をつけない=距離が近い証拠でもあります。職場の先輩など「苗字の呼び捨て」をしてくる男性は、恋愛対象ではないけれど「可愛い後輩」と思っているはずです。
気になる男性なら「距離を近づける」ことを意識して、積極的にコミュニケーションをとったり、女性らしい一面を見せて「意識」させてみてはいかがでしょうか?

「下の名前の呼び捨て」

下の名前を呼び捨てする彼は、あなたに恋愛としての好意を持っている可能性大! 下の名前の呼び捨ては、家族やすごく親しい友人など「特別な相手」に限られていますよね? もっと近づきたい・自分のものにしたい・自分を意識してほしい……など「特別な好意」を抱いているからです。
彼氏彼女も「呼び捨て」が多いかと思いますが、家族のように近い存在でいたいという気持ちの表れでもあります。
彼にとって親しみのある「特別な女性」であり、もっと距離を近づけたいと思っているはず。脈アリといえるでしょう。

「彼自作の呼び方」

名前ではなく「彼が作った特別な呼び方」をしてくる場合は「本気度」が高いです! 好きな女性のことは特別扱いしたいし、みんなと違う呼び方で愛情を表現したい……そんな気持ちから「自作のあだ名」で呼んでしまうものです。
この場合は「あなたは特別な存在だよ」とともに「自分のことも特別だと思ってほしい」という本音が隠れています。あなたも気があるなら「特別な呼び方」をしてみると距離がグッと近づくはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 名前の呼び方にはこんな本音が隠されています! 気になる彼と近づくためには「呼び方」から今の関係性を知って、次のステップを目指してみましょう!

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網