戻る


石橋貴明のモー娘裏話「なっちは孤立しても性格の良さで復権」

 とんねるずの石橋貴明が、10月15日放送の『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)で、モーニング娘。の舞台裏を明かした。

「(好きなのは)断然なっち(安倍なつみ)でした。なっちは一時期浮いてるときがあった。孤立している。あまりにも実力がありすぎて。

 新興勢力が現れたことによって、ちょっと浮いてしまう。一時期のジャイアンツの江川卓みたいな。槙原(寛己)、桑田(真澄)、斎藤(雅樹)が出てきたときみたいに、ごっつぁん(後藤真希)とかよっすぃー(吉澤ひとみ)が出てきて。
 でも、『なっち、危うし!』ってときに、なっちの性格のよさで復権していくっていう」

 石橋ならではの野球の例えも交えつつ、モー娘。の内情を明かす。さらに、年齢の離れたアイドルグループならではの事情も明かした。

「ゴマキ(後藤)が『クッキー焼けるんです!』なんて言ったら、中澤裕子は『え!?』って(怪訝そうに言った)。俺が『中澤は何焼けるんだ?』って聞いたら、『魚』って言った。面白すぎるじゃねえか!」

 1996年から2010年まで放送の『うたばん』(TBS系)で、何度もモー娘。と共演した石橋。飯田圭織に「ジョンソン」、高橋愛に「テッテケテー」とあだ名をつけるなど、愛あるイジリでメンバーの個性を引き出した。

 11月7日放送の『UTAGE!』(TBS系)では、石橋と中居正広の『うたばん』のMCコンビが、約10年ぶりに共演。石橋とモー娘。の再共演にも期待したい。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網