戻る


「座ったまま太り」に効く!オフィスワークで太らない方法

「座ったまま太り」に効く!オフィスワークで太らない方法

写真拡大 (全7枚)

巷では座ったままでできるエクササイズやストレッチがたくさんありますが、実際デスクワークをしていると画面に集中、ストレッチなんか忘れちゃってていつのまにか首・肩・腰がロック状態!お腹は出るし足はパンパン!なんていう方もいるのでは?そんな方でも太らないかも?な方法をご紹介します。

座ったままだと太る?

世界的に見ると、日本人の座りっぱなし度は高く、世界一というデータもあります。

悪い姿勢で座ったままだと体形を整える筋肉から落ち、お腹やあごなど嫌な部分に脂肪がつき始めます。

しかし、弊害はそれだけではなかったのです…

座りっぱなしは危険!

早稲田大学の岡教授の報告では、座っている時間が長いほどがんの罹患リスクが高くなるとのこと。

またオーストラリアの研究機関では、死亡リスクが1日の総座位時間が4時間未満の人に比べて8〜11時間の人は15%増、11時間以上だと40%増えることが報告されています。

もはや座りっぱなしは太るだけではなく、「健康の危機」が訪れると考えていいかもしれません。

どうすればいいの?

座りっぱなしが良くないのであれば、立ったり歩いたりして動けばいいのですが、パソコンで作業をしている方や電話対応の方などはなかなか難しいですよね。

そこで、改善策をいくつかご紹介しましょう。

立ってしまう

実際取り入れている企業もありますが、立っても座ってもパソコン作業ができる机があります。

1時間座って作業をしたら、次は机を高くして立った状態で作業します。

経費的に難しいという方は、高めの棚の上にパソコンを移したり、パソコンの下に台を入れて高くするなどで応用を。

はじめは恥ずかしいかもしれませんが、共感を得られること間違いなし!

勇気を出してがんばってください。

椅子を変える

机よりも比較的簡単に変えられるのがこれ。

椅子を思い切ってバランスボールに変えるだけで随分消費カロリーが上がるそう。

体幹も鍛えられて一石二鳥ですね。

また話題の腰痛対策チェアなども有用なアイテムです。

腰が伸びて姿勢が良くなると集中力もアップしますよ。

姿勢を変える

椅子を変えるのも難しいという方は、とりあえずおしりに敷くものから考えましょう。

変な姿勢で固まるのが一番悪いので、できるだけ姿勢が矯正できるものを選びましょう。

膝よりおしりの方が沈んでしまう座面ですと立ち上がりにくくますます動かなくなってしまいます。

おしりの方を高くするようなものや骨盤安定クッションはいろんな種類のものが出ています。

姿勢矯正バンドを身に着けるのも一つの手。

いろいろ試してみては?

机まわりを不便にする

必要なものが机の上にそろっていると、動かなくなるのは必然。

ならば、周りにできるだけものをおかないようにすれば、仕方なく立って取りに行きますよね。

セロテープやのりなどは共用のものを使う、電話は立ってとる位置に置くなど。

忙しいのにそんなことできない、という方でも、1時間に1回数分でも立って歩きまわるだけで自分の健康リスクが減るのであれば、納得していただけるはずです。

全部無理!という方は、30分に1回立って背伸びをするだけでも効果があるそうですよ。

仕事中に意識して動くだけで気分転換になりますし、筋肉がほぐれて脂肪がつきにくくなり、疲れも減ります。

ぜひ試してみてくださいね。

 

関連記事

デスクワークで肩こりになってしまう方必見!おすすめヨガストレッチ3選

デスクワークでも安心!座りながら実践できる脚のむくみ対策

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網