戻る


「凄えな、日本こんなに強いのか」 ウルグアイ代表選手が驚愕…長友が証言「本気の目」

日本代表DF長友【写真:田口有史】

写真拡大 (全2枚)

ウルグアイ撃破後、新旧同僚と会話した長友 「ムスレラとベシーノと話したけど…」

 日本代表は16日の国際親善試合ウルグアイ戦で打ち合いを演じ、4-3と勝利して森保一体制3連勝を飾った。

 現在FIFAランキング54位の日本に対し、同5位ウルグアイの選手たちは日本の強さに驚愕したようだ。DF長友佑都(ガラタサライ)が相手選手と話した会話の内容を明かしている。

 日本は序盤から積極的に相手ゴールに迫ると、前半10分にMF中島翔哉(ポルティモネンセ)のパスを受けたMF南野拓実(ザルツブルク)が先制弾。同28分に被弾するも、同36分には中島のミドルシュートからこぼれ球をFW大迫勇也(ブレーメン)が流し込んで再び突き放す。ところが後半12分、DF三浦弦太(ガンバ大阪)がバックパスを奪われて失点し、2-2の振り出しに戻った。

 日本が底力を発揮したのは、ここからだ。同点に追いつかれた2分後の同14分、MF堂安律(フローニンゲン)がDF酒井宏樹(マルセイユ)とのパス交換からエリア内に侵入。最後は主将DFディエゴ・ゴディン(アトレチコ・マドリード)をフェイントで翻弄し、左足で代表初ゴールをマークした。さらに同21分には堂安の強烈ミドルシュートから、こぼれ球を南野が押し込んでこの日2ゴール目。その後に1点返されるも、日本が4-3で逃げ切った。

 左サイドバックで森保体制初出場を果たした長友は、左サイドハーフの中島と好連係を披露。鋭いカットインを見せる中島を最大限に生かすべく、「上がるところは上がっていた」という長友だったが、「最後のほうは任せてましたね。行って来いと」。最終的に南野が2ゴール、大迫と堂安が1ゴールずつ上げるなど攻撃陣が爆発し、南米の強豪ウルグアイを撃破した。

 長友は試合後、フル出場した相手GKフェルナンド・ムスレラと負傷欠場したMFマティアス・ベシーノと言葉を交わしたという。ムスレラは現在ガラタサライで共闘しており、ベシーノは長友の古巣インテルでともにプレー。「相手GKのムスレラとインテルのベシーノと話しましたけど……」と切り出した長友は、相手が思わず漏らした日本戦の感想を口にしている。


アジアツアー連敗を避けようとしながら衝撃敗戦、長友が明かす「お世辞じゃなくて…」

「凄えな、日本こんなに強いのかと。お世辞じゃなくて、本気の目で言ってましたからね」

 対戦相手の感嘆を証言した長友に言わせれば、それは“本気”だったという。12日の韓国戦で1-2と敗れたウルグアイは、日本戦で衝撃の4失点。2006年から続くオスカル・タバレス第二次体制のウルグアイから、南米チーム以外で初の4ゴールが日本だった。10月のアジアツアーで連敗を避けようとしながらもショッキングな敗戦を喫し、ウルグアイの選手たちは日本代表の戦いぶりに大きな衝撃を受けたようだ。

 今夏のロシア・ワールドカップで3大会連続出場を果たした長友は、いまや代表キャップ歴代6位タイの110試合(3得点)を誇る重鎮となったが、「日本サッカーがこのまま進化していけるんじゃないかと、僕は楽しみで仕方ない」と期待に胸を躍らせている。


(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網