戻る


破局の原因にも…?男が彼女に「嫉妬する瞬間」4つ

男性は、ほかの男性に対してライバル心を燃やすこともありますが、異性に対して嫉妬してしまうこともあります。その相手が彼女だったりすると、別れの原因にもなりかねません。そこで男性たちに“彼女に嫉妬する瞬間”について聞いてみたので、いくつかご紹介しましょう。

文・塚田牧夫

ほかの男を褒める

「彼女の職場に、新しく若い男が入ってきたらしいんです。太ってるしイケメンでもないんだけど、すごく面白いんだと。ことあるごとに、その男の話題を出すようになりました。最初は俺も笑ってたけど、だんだん腹立たしくなり、今はもうその男の話題が出ると無視しています」ハヤト(仮名)/29歳

彼女の口から、ほかの男の話なんて聞きたくはない。しかもそれが褒め言葉だったりすれば尚更です。男に対する嫉妬でもありますが、彼女に対して苛立ちを覚えることも。

仕事が順調

「僕が転職をしたばかりであたふたしてたとき。彼女が独立しようかどうか迷っているという話をしてきました。ステップアップしようか悩んでいると。順調そうで何よりだけど、そのときの僕には聞きたくない話でしたね」ジュンイチ(仮名)/29歳

仕事に対してプライドを持っている男性は多い。仕事だけは女性に負けたくない……と思っている男性に対して、順調さをアピールするのは酷ですよね。

髪の量が多い

「30代に入り、若干ですが髪の毛の量が少なくなってきました。育毛剤も使っています。逆に、彼女はすごく毛量が多い。しかも長い。よく『ああ、もう邪魔』とか言って手でかき上げています。僕が気にしているのを知っているはずなのに……。それがたまに、すごく癪に障ります」コウスケ(仮名)/32歳

年齢とともに、男性は髪の毛への意識が高まります。周りから見るとそれほど変化はなくても、本人は気にしている場合も多々あります。髪の毛の問題に関しては、デリケートに扱わなくてはなりません。

経験人数で負けた

「彼女とテレビを見ていたら、経験人数の話題が出ていました。そこで、何気なく彼女に聞いたんです。そうしたら、指を折って数え始めた。……あれ? 片手じゃ済まない……。結局“8人”と答えました。俺よりひとり多い! ショック……。負けた。これから頑張って増やそうかと思いました」ダイキ(仮名)/28歳

彼女の経験人数は、できれば少ないほうがいいと男は思っています。多いうえに、自分を上回られたらショック。過去のことであったとしても、嫉妬してしまうでしょうね。

“男が彼女に嫉妬する瞬間”をご紹介しました。

相手が異性であっても、嫉妬の心は芽生えます。それが激しく燃え上がらないような注意が必要。どうぞ、配慮ある行動を心掛けてください。

(C) Michal Kowalski / shutterstock(C) George Rudy / shutterstock(C) kues / shutterstock(C) Ivanko80 / shutterstock

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網