戻る


7歳少年が設立した銀行が話題!大手行から提携依頼も

若い起業家は珍しくない。20代どころか、10代で会社を作ってしまう人もいる。

だが、7歳の少年が銀行を設立したという例は珍しい。

ペルーのJose Adolfo Quisocala Condori君(13歳)が、2012年に設立した子供向け銀行「Bartselana Student Bank」が、預金者2,000人を超え、提携を求める一流銀行からのアプローチを受けるほどに成長している。

子供向け貯蓄銀行

Jose君が銀行設立のアイデアを思いついたのは5、6歳の頃。同年代の友達がお菓子やおもちゃに小遣いを浪費しているのを見て、大人と同じように銀行に貯金すればいいのに、と思ったそうだ。

次に考えたのが、子供が自分たちの力で貯金を増やしていく方法だった。発案したのは、ごみのリサイクル。集めたリサイクルごみを回収業者に売り、そのお金を口座に積み立てていくというシステムだった。

大人たちの反対

Jose君がこのアイディアを学校の先生たちに話した時、誰も真面目に聞いてくれなかったという。海外メディアの取材を受けてこう話している。

最初の頃、先生たちは僕の頭がおかしいと思うか、子供にそんなプロジェクトを実行できるはずがないと思うか、どちらかでした。

けれど、校長先生と、クラスのアシスタントの先生だけは理解してくれて、僕をサポートしてくれました。それは幸運でした。

クラスメートたちは、僕がやろうとしていることを馬鹿にして、からかいのネタにしました。

地元アレキパ市に銀行設立

Jose君の銀行「Bartselana Student Bank」は、6年前に地元アレキパ市に設立された。

子供だけが預金者になれる銀行のシステムはこうなっている。

1、預金者は現金でなく、紙やプラスチックなどのリサイクルごみを銀行に持ち込む。

2、銀行がそのごみを提携している地元リサイクル業者に売り、代金を預金者の口座に振り込む。

3、預金者は、自分で設定した目標金額に達するまで口座からお金を引き出せない。

1年で1トンのゴミが預金に

2012年から2013年の1年間で、彼の銀行には1トンのリサイクルごみが「預金」された。預金者は彼の学校の生徒200人だった。

当時、この成功を聞きつけたペルーの大手銀行が、全国展開の話を持ちかけて来たが、理由があってJose君は断ったそうだ。

その後もBartselana Student Bankは成長を続け、現在の預金者は2,000人以上。年齢は10歳から18歳だという。

一流銀行がアプローチ

Jose君は今、ペルーの一流銀行「Banco de la Nación」と提携交渉を進めている。Banco de la Naciónが話を持ちかけて来たからだ。銀行の重役連中と話をする際に萎縮するようなことはない、と彼は言う。

銀行の重役たちとビジネスの話をするときに、怖いと思うことはありません。いつでも温かく丁寧に接してもらえるし、本当のことを言うと、僕は大人と話す方がリラックスできるんです。大人のほうが、僕が提案するプロジェクトをよく分かってくれるからです。

現在のBartselana Student Bankは、子供向けの融資や保険も取り扱い、金融経済の教育講座を開くなど業態を広げている。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網