戻る


「クリームチーズがない」Appleのベーグル絵文字に苦情


 
AppleはiOS12.1で70種類以上の新しい絵文字を追加することを明らかにしていますが、そのうちのひとつ「ベーグル」の絵文字が論議の的となっています。

クリームチーズがない!

なかでも注目を集めているのが、クリームチーズで知られるPhiladelphia Cream Cheeseの主張です。同ブランドはTwitterでユーザーの意見を募っています。
 
「クリームチーズのないベーグル絵文字なんて悲しすぎる。みんなはどう思う?」
 

「切り口が不自然」「冷凍食品みたい」

その他にも「カットした面が滑らかすぎて機械で切ったように見える」「スーパーの冷凍ベーグル絵文字は食文化を侮辱している」といった意見がTwitterに投稿されています。
 
またニューヨーク市マンハッタンに店舗を構えるH&H Bagelsも、

 
「Appleには悪いけれど、ニューヨーク・ベーグルは形が揃っていないところがいいんだ。どう思う?」とツイートしています。
 

Googleの「ありえない」バーガー絵文字

食物の絵文字といえば、Googleが公開していたバーガー絵文字のチーズが、パテの下に配置されていておかしいとの指摘が大きな反響を呼び、ついにはGoogleのサンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)が謝罪する事態となったのは、記憶に新しいところです。
 
ベーグル絵文字を含む70種類以上の新しい絵文字は、現在ベータ版が公開中のiOS12.1、また近く公開されるmacOSおよびwatchOSのソフトウェアアップデートで提供される見通しです。

 
 
Source:USA Today,Fortune
(lunatic)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網