戻る


有名人講演会の裏側 料金300万の人も、人気1位「鈴木政次」って?

多くの有名人をおさえて1位になった・鈴木政次さん

写真拡大

 芸能人や有名人の仕事はテレビに出るばかりではない。テレビには出ていなくても、がっぽり稼いでいる人が実は大勢いる。その収入源のひとつが講演会の講師の仕事だ。意外と知られていない講演会の裏側に迫った。

 講師の多くは、講演会の情報サイトに登録して、仕事の依頼を受ける。そうしたサイトは、セミナーを企画する企業や学校などと、講師をマッチングさせる役割を果たしている。ペルソンが運営する「講演依頼.com」はそのひとつ。同社はこのビジネスモデルを日本で初めて作ったという企業で、サイトには実に7500名以上の講師が登録している。

 サイトを見ると、テレビでおなじみの芸能人から、顔と名前だけではわからないさまざまな分野の識者が講師としてずらりと並んでいる。講師はサイト側からオファーして登録する場合と講師サイドからの売り込みの2つのパターンがあるという。

「講演依頼.com」を運営するペルソンの営業部・土橋昇平さんはこう語る。

「こちらから声をかける場合は、潜在的なものも含めて確実に需要がある人。主催する企業側から問い合わせが多いジャンルなどはこちらでわかっていますので。著名人からも申し込みが増えています。テレビなどの仕事が減ったので講演活動を始めたいという人もいれば、逆に、所属事務所や本人に問い合わせが多すぎて対応しきれないから登録したい、というケースもあります」

 気になる講演料は、まさにピンキリ。1回の講演時間は60分〜90分程度だが──。

「10万円前後の人から、高いと300万円を超える人もいます。一般的に知名度の高い著名人になると、40、50万円くらいが一般的ですが、マーケットに応じてこちらから提案した料金か、本人の“言い値”で決まります。開催規模によって講演料が変わったり、ほかの仕事がやりづらくなるなどの理由で講演料を公表していない人も多いですね。しかし、公表するほうが講演会の企画者がすぐに検討でき、スムーズに話が進むため、サイトに表記することをおすすめしています」

 1時間ほどで300万円! と言っても講演料がそのまま講師に払われるわけではない。

「弊社の仲介手数料は20〜30%です。たとえば100万円の講演料の場合は、講師に70〜80万円、弊社の手数料が20〜30万円となります。メディアの露出がなくなった著名人も、テレビ出演時よりも講演会で稼いでいる、という人も多いですよ」

 誰もが知っている芸能人が人気とは限らない。2015年の下期から6期連続1位で、同社のサイトで殿堂入りも検討しているという超多忙な講師は、意外な人物だった。

「赤城乳業の元常務取締役開発本部長・鈴木政次さんです。鈴木さんは『ガリガリ君』の開発に携わり、ヒット商品に育てたことでも知られています。企業は、既存の発想にとらわれない新しい商品やサービスをつねに求めています。そうした中で、唯一無二の商品を作って出す方法、商品開発の極意とは、というテーマの鈴木さんの話を聞きたいというニーズがとても多いんです」

 時期によって講師の人気が変わることもある。例えば、今年はサッカーW杯があったため、元日本代表の北澤豪さんら、サッカー関連の講師が人気になった。オリンピックの時期になると過去の五輪メダリストへのオファーが増えるという。そして、近年、オファーが急増しているのが意外にも芸術家だ。

「企業が頭を悩ませているのが、メンタル不全になる社員が多いこと。そこで、書道家などの芸術関係で“心の整え方”というテーマでお話できる人に人気が集まっています。以前はスポーツ関係の講師へのニーズが圧倒的に高かったのですが。勝ち負けの時代ではなくなってきた今、個々で比べるものではないという点からも芸術関係の講師へのオファーが増えています。近年、スポーツ選手からアーティストに、という流れができつつあると思います」

 講演会は基本的に、録音、録画は禁止。だから“テレビじゃ言えない”裏話を聞こともできる。講師の知られざる一面を見られたり、お宝話が眠っていることもありそうだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網