戻る


アラサーのセックスレス問題まとめ。メンズが思うレスの理由とちょっとした工夫5選

アラサー女子のセックスにまつわる悩みのNo.1は、ずばりセックスレス問題。でも実は男子の中にも、レスについて悩んでいる人が多いんです。

【詳細】他の写真はこちら

毎回レスになる・・・悩む男子も多数





「毎回、どんなに大好きな彼女でもレスになっちゃう。まあ理由は、簡単に言っちゃえば飽きたってことになるのかもしれないけど、だからといって彼女のことを嫌いになったわけじゃなくて。むしろ愛は深まっているというか・・・」(保険会社勤務・30歳)、「レスになりたくないけど、こればっかりは気分が乗らないとできないもの。今の彼女のことは出会った頃よりも好きだけど、なぜか勃たないんです。どうしたらいいのかな」(アパレル会社勤務・32歳)

■そんな男子が口を揃えて言うのは家族みたいだから



性欲よりも、帰ると安心できる場所





「同棲してから3年ぐらい経つんだけど、彼女はもう、恋人から家族になっちゃったんです。いるのが当たり前で、いい意味で安心できる場所。性欲をむき出すってよりも、帰ると安心できる場所というか。むしろ前よりも大切で近い存在なんだけどね。それをひと言でレスって言われちゃうとちょっと悲しいよね」(飲食店経営・34歳)

チューも手繋ぎもするけどHはなし





「今、5年同棲している彼女とレスになって10ヶ月ぐらいかなぁ。最初はめっちゃ責められて別れ話にもなったけど、最近はもう彼女も何も言わなくなってきた。レスの理由は、仕事の部署が変わって毎日疲れてるというのもあるんだけど、よくいう家族的存在になったってやつ。彼女のことは大好きで、朝晩のチューは欠かさないし、寝る時は手を繋いで寝ることもあるぐらいなんだけどね。どうしてもセックスしたいと思わないんです」(公務員・32歳)

■レスにならないように工夫している男子も



場所や部屋の雰囲気をこまめに変える





「3連休には温泉旅行に行ったり、たまにラブホに行ったり・・・とにかく場所を変えるようにしています。レスになっちゃうと2度と戻れないような気がするから、途切れさせないように頑張っているけど、そろそろやばいかも」(出版関係会社勤務・31歳)、「レスにならないように、工夫しているのは部屋の模様替えを割とこまめにすること。ベッドの向きを変えるだけでも、結構気分転換になるし、リネンの色やデザインを変えるのも新鮮な気持ちになれます」(会社経営・27歳)

彼女の提案で◯◯ごっこをしている





「お互いにレスにはなりたくないねって話して、たまに◯◯ごっこをしています。たとえばピンサロごっこ、おっパブごっこ、ランパブごっこ・・・。彼女もノリがいいから、言えば応えてくれるし、結構楽しい。セックスって楽しむものだよね」(通信系会社勤務・29歳)

レス防止のために男子はこんな工夫してました



連休は温泉旅行などに行って場所を変えて気分転換する 部屋の模様替えをこまめにする ベッドの向きを変えてみる リネンの色やデザインを定期的に変える ピンサロごっご、おっパプごっこなどHな◯◯ごっこをする

取材・文/成田リナ

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網