戻る


開始29秒オウンゴール… 日本で生まれた珍プレーに海外驚愕「奇妙なシーンの一つ」

開始29秒のOGに海外メディアも驚愕したようだ(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

写真拡大

流れを左右した開始直後のオウンゴール、海外メディア「清水は29秒でゲームを失った」

 ガンバ大阪は21日のJ1リーグ第27節清水エスパルス戦で2-1と勝利し、3連勝と復調ぶりを見せつけたなか、海外メディアは「日本で29秒の奇妙なゴール」と報じている。

 日本代表の森保一監督が観戦に訪れた一戦は、開始早々に思わぬ形でゴールが生まれた。キックオフ直後、G大阪のMF小野瀬康介が右サイドを抜け出すと、中央にクロスを供給。G大阪の韓国代表FWファン・ウィジョが反応してシュートを狙ったなか、清水DFフレイレが負けじと対応。競り合った直後のボールがクロスバーを直撃し、こぼれ球は鋭い回転がかかった状態でゴール手前にこぼれた。

 清水DF立田悠悟が素早くカバーに入ってクリアを試みたが、ワンバウンドした直後にやや変化したボールを上手く捉え切れず、そのまま自軍ゴールに蹴り込んだ。清水にとっては不運、G大阪にとっては幸運な形の“開始29秒オウンゴール”となった。

 試合は前半29分にファン・ウィジョが追加点を奪った一方、清水FW北川航也が1点を返すも、最終的にアウェーのG大阪が2-1と勝利を収めている。海外サッカーサイト「onefootball」のブラジル版は「日本リーグで29秒の奇妙なゴール」と報道。「G大阪は最初の攻撃で脅威を与え、清水は29秒でゲームを失った」と、この1ゴールが試合の流れを大きく左右したと伝えている。

 またブラジルメディア「TORCEDORES」は「今週の最も奇妙なシーンの一つ」と注目。「ゴール前でバウントしたボールのクリアを試みたが、自分のゴールに入れてしまった」と触れている。日本で生まれた“29秒オウンゴール”に海外メディアも驚愕したようだ。


(Football ZONE web編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網