戻る


うわっ…ヒガンバナの異名、多すぎ?その数1,000を超える「ヒガンバナ」の異名を紹介!

うわっ…ヒガンバナの異名、多すぎ?その数1,000を超える「ヒガンバナ」の異名を紹介!

写真拡大 (全9枚)

「暑さ寒さも彼岸まで」

この季節になると、あちこちで咲き始める彼岸花(ヒガンバナ)。その名の通り秋のお彼岸に咲く花ですが、その華奢で優雅な花弁と燃えるような紅色に、昔の人は様々な想いを抱き、それを花の名に表しました。

美しいものから禍々(まがまが)しいもの、そして醜いものまで、ヒガンバナの異名は実に1,000を超えます。日本の「雨の呼び名」は400語を超えると言いますが、それを遥かに凌ぐ多さなのです。

そのすべてを紹介するのは大変すぎますから、今回は基礎的なもの、特にインパクトの強い異名まで、いくつかピックアップしたいと思います。

【彼岸花/ひがんばな】

最も有名であろうこの名前には、冒頭の通り「秋のお彼岸ごろに咲く」という意味と、その毒性のため「食べたら彼岸の向こう側=あの世へ行ってしまう」という意味が込められています。

確かに、その幽美なたたずまいは、三途の川のほとりに咲いていそうです。

また、旧暦八月ごろに咲くため「御盆花(おぼんばな)」と呼ぶ地域もあるそうです。

【曼殊沙華/まんじゅしゃげ】

ヒガンバナの別名として、最も有名な一つと思われますが、その出典は「天上の花(manjusaka:サンスクリット語)」を意味する仏教用語(『法華経』など)です。

一説に、東北弁の「まんず咲ぐ(葉のつく前にまず花が咲く)」が訛って、美しい漢字をあてたものとも言われます。

以下、あ行から一つずつ紹介していきます。

【親死ね子死ね/おやしねこしね】

※分布:大分県など

随分と恐ろしい名前ですが、ヒガンバナは花と葉が同時に出ることがありません。またの別名を「花知らず葉知らず」等とも言います。

どっちが親か子かはともかく、互いに殺し合った結果こうなったとも言われます。また、その毒性が暗殺に用いられたのか、骨肉の争いが繰り広げられたのかも知れません。

似たような異名として「親殺し」「親知らず」というものもありますが、親子みんなで幸せになって欲しいものです。

【狐提灯/きつねのちょうちん】

作者不詳『化け物尽くし絵巻』より、狐火。江戸時代後期。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網