戻る


人気絶頂!千鳥「大悟」の深酒を心配する声 「吉澤ひとみ」事件直後にもロケ遅刻

(左)千鳥・大悟(千鳥ノブのTwitterより)

写真拡大

 テレビ番組は無論、CMにも引っ張りだこで、見ない日はないといわれる漫才師・千鳥。業界での人気もNo.1で、番組に呼びたいタレント1位という。そんな千鳥の人相の悪い方、“ワシ”と自称する大悟(38)に心配の声が囁かれているという。それが“酒”――。

 ***

 9月10日に放送された「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)のゲストは千鳥。この日は都内にある昭和レトロな銭湯を巡るロケだった。

「いきなり大悟が収録に45分もの遅刻で始まりました。それも原因は前夜の深酒。オンエアでは貴さん(石橋貴明[56])が、後輩の遅刻をいじる形で笑いにしていましたが、これを見てゾッとした関係者は多かったはずですよ」(民放テレビ局ディレクター)

 9月6日に吉澤ひとみ容疑者(33)が起こしたひき逃げの原因は“酒”といわれるが 、大悟の深酒による遅刻は、事件直後というタイミングの悪さよりも――、

「大悟にとっては貴さんは大先輩ですよ。そこでいきなりの大遅刻なんですから。大悟はいかにも、ヤンキー上がりっぽいし、自分のことを“ワシ”というチンピラ漫才スタイルで人気です。しかし、元々は瀬戸内海の人口1000人にも満たない北木島(岡山県)の出身で、素朴な性格なんです。大阪ではヤンチャなキャラが受けて11本ものレギュラー番組を抱えるまでになって上京。当時、そのキャラを活かしてダウンタウンとの初共演では、スタッフは大悟ひとりだけノーネクタイで出演させようとしたんですが、断固として拒否したというエピソードがあります。理由は『ダウンタウンさんに失礼だから』というものでした。それがいまや、大先輩との初共演に遅刻するようになってしまったんですからね。貴さんだって、いまでこそだいぶ丸くなりましたが、昔だったらどうなっていたか……」(同)

 石橋といえば帝京高校野球部出身、バリバリの体育会系である。しかし、番組では数日前に二人で飲んだというエピソードも明かしている。

(左)千鳥・大悟(千鳥ノブのTwitterより)

「六本木で飲み、2件目に向かおうとすると店の外にはタクシーが用意されていたけれども、貴さんがキャンセルして二人で六本木を歩いたという話でしたよね。いかにも貴さんらしい気の使い方ですが、それを本番で思い切り裏切った格好ですよ」(同)

芸のためなら、では済まない時代

 酒が原因、あるいは酒がらみで事件を起こし、謹慎に至る芸能人は多い。

「昭和の頃なら、芸人の豪快エピソードとしてネタにできましたが、今は時代が違いますからね。最近でも、女子高生に対して強制わいせつを行った容疑で書類送検された山口達也(46)は泥酔。このほか、女子高校生との飲酒及び不適切な関係を持ったことで芸能活動休止状態の小出恵介(34)、未成年女性との飲酒により芸能活動を一時自粛したNEWSの小山慶一郎(34)、酒が原因で劇場の出番をすっぽかし続けて活動休止の漫才師・アジアンの隅田美保(42)。酒気帯び運転で逮捕されたガリガリガリクソン(32)と、思いつくだけでもこれだけ出てきますよ。その上、吉澤ひとみですからね」(同)

 大悟は毎晩、酒は欠かすことはないという。志村けん(68)に気に入られて、3日に1度は一緒に飲みに行くともいう。志村と飲み過ぎた翌日、現場に遅刻しても、相手が志村ということで、許されてしまうともテレビで話したこともある。バラエティ番組のスタッフが声を潜めて言う。

「大悟は『日曜もアメトーーク!』(テレビ朝日系)で、収録中にゲロを吐くという大失態を犯したこともある。これも前日の深酒が祟ってのことですからね」

 芸人なのだから、多少破天荒なところがあってもいい気もするが。

「漫才師で、ヤンチャなキャラということもあるんでしょうけど、なんだか“やっさん”を思い出してしまうんですよ。やすしきよしの横山やすし(1944〜1996)です。天才といわれながら、酒での舌禍事件や、二日酔いで収録・生放送のドタキャン、ケンカなど何度も事件を起こしましたが、その度に漫才のネタにしてさらに売れた。しかし、相方のきよしさん(西川きよし[72])が政治家に転身し、漫才ができなくなると、酒に溺れ、飲酒運転で事故。吉本からも契約解除されて、暴行事件に遭って入院。復活の兆しもあったのですが、最終的には自宅で亡くなっているところを発見された。51歳でしたからね。大悟の酒で遅刻、二日酔いで収録なんて話を聞くと、どうしても思い出してしまうんですよ。才能もあるだけに、やっさんみたいにはなってほしくないんです」(同)

 大阪のレギュラーを蹴って上京し、ようやく掴んだ千鳥ブームである。大酒飲みキャラはウリの一つではあるけれど、バラエティスタッフは、吉澤ややっさんの二の舞にならぬことを望んでいる。

週刊新潮WEB取材班

2018年9月21日 掲載

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網