戻る


C・ロナウドは退場の時、何を言ったのか…。敵将が明かす「彼は動揺していた」

クリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第1節で、ユベントスはバレンシアに2-0で勝利した。退場となったFWクリスティアーノ・ロナウドがピッチを出るときに何を言っていたのか。バレンシアのマルセリーノ監督が明かしている。スペイン『マルカ』が伝えた。

 ユベントスでのCLデビュー戦の29分で退場となったC・ロナウドだが、一発退場を命じられたプレーはそれほど厳しいものではなかったという見方が一般的だ。

 涙ながらにピッチを出たC・ロナウドについて、マルセリーノ監督は試合後の会見で「彼はとても動揺していた。彼は『何も悪いことなんてしていない』と言っていたよ」と語った。

 それでも、ユベントスはその後2つのPKで勝利を手にしている。

 バレンシア指揮官は「ハーフタイム直前のPKは非常に痛かった。次のPKは死刑判決みたいなものだ。こういった優れたチーム相手に2点ビハインドとなれば、そのあとはすごく困難になってしまうからね」と述べた。

 10人相手のホームゲームで勝ち点を得られなかったバレンシアは、第2節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。

text by 編集部

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網