戻る


C.ロナウド、一発レッドは不当!? 辛口地元紙もかばう「見る限り厳しい判定と思える」

ユベントスでのCLデビュー戦は29分で幕を閉じたクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

写真拡大

衝撃の一発退場、普段は辛口のイタリア紙も同情

 海外サッカー、イタリア1部ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間19日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の初戦、敵地バレンシア戦でまさかの一発退場処分となった。やや過剰ともいえる判定にファンの間には同情ムードが広がっていたが、普段は辛口のイタリアメディアも「厳しい判定と思える」とロナウドをかばっている。

 問題のシーンは前半29分だった。ユベントスの左サイドからの攻撃。ゴール前に入ろうとするロナウドとコロンビア代表DFムリージョが交錯。あまりに大袈裟に倒れるムリージョに対して怒りを露わにするロナウド。倒れ込んだムリージョの頭に手をもっていった。

 するとムリージョも激高。両チームの選手による小競り合いに発展。主審は状況を確認すると、ロナウドにレッドカードを提示した。まさかの判定に信じられないという表情を浮かべ、顔を覆うロナウド。涙まで浮かべ、納得できないと訴えたが、当然判定は変わらなかった。

 イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は「クリスティアーノ・ロナウドが29分で涙と共に去る」と題して記事を展開している。

次節だけでなく、第3節まで出場停止の可能性も

「ムリージョとの接触、そして転倒後に彼に大袈裟なリアクションを注意するために頭に当てた手、そして驚きと共にレッドカードが提示されて、涙を見せながらピッチを去った」とまずは状況レポート。CLでの158試合目にして、初めての一発退場だったことも伝えている。

「動揺を隠せず、フェリックス・ブリッヒ(主審)にレッドカードを提示された後に涙を見せた。テレビで確認できる限り厳しい判定と思える」

 判定ついては、ロナウドがムリージョの頭に手をもっていたシーンを目撃したバレンシアのGKが審判にアピールしたことがきっかけだと伝え、そのうえで「見る限りこのプレーで一発レッドが提示されるのは厳しい判定と思われる」と繰り返している。

 1人少なくなったもののチームは2-0で勝利。しかし、同紙によると、次節のヤングボーイズ戦だけでなく、第3節のマンチェスター・ユナイテッド戦も出場停止となる可能性を伝えている。(THE ANSWER編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網