戻る


母を亡くした小学3年生がクラスメイトに宛てた手紙が胸を打つ

まだまだママに甘えたい小学3年生で、母を亡くした女の子の悲しみと寂しさは想像に余りある。

そんな少女がクラスメイトに宛てた手紙が父親をはじめ、人々の涙を誘っている。

クラスメイトにお礼の手紙

画像共有サイトImgurにパパが投稿した手紙がこちら。

I’m Speechless

「言葉になりません」というタイトルで投稿された手紙には、母親を失った自分に優しくしてくれたクラスメイトに対する娘のアナベルちゃんからの感謝の気持ちが綴られていた。

手紙の内容はおよそ以下のとおり。

大好きなクラスのみんなへ。

私のことをかわいそうに思ってくれているみんなの気持ちは知っています。

でも、ママに起きたことは誰にでも起こることです。生きるって大変ですね。

ママは死んでしまったけれど、もう苦しまなくていいし、私たち姉妹のことを見守ってくれています。

亡くなったママのそばにいるために、3年生になってすぐ学校を休んでしまいました。

その間、いっぱい心配してくれてありがとう。

今、ママはお墓の中にいるけれど、たましいは天国にいてずっとママのままです。

アナベルより

涙が止まらないパパ

アナベルちゃんがこの手紙を読んでくれた時、パパは涙が止まらなかったという。

投稿に際し、父は以下の様に綴っている。

長年多くの病と闘ってきた最愛の妻が、およそ2週間前に永眠しました。

その際に小学校3年生の娘は、クラスメイトから手紙などの励ましの品を頂戴しました。

娘はお礼の手紙を書いたのですが、今夜それを私に読んで聞かせてくれました。

妻を失った悲しみが押し寄せ涙が止まりませんでしたが、一方で、妻の魂が娘の中に生きているんだと、嬉しくも思ったのです。

娘の方がよほどしっかりしていますね。「人生にはつらいこともある」だなんて…

でも、きっと乗り越えられるでしょう。

同投稿は閲覧数が12万件に迫り、一部の海外メディアでも取り上げられ、多くの人の胸を打った。

「娘さんは素晴らしい。ご両親の子育ての賜物ですよ」「娘さん達は奥様が遺してくれた宝物ですね」「自分はいつもディスる専門なんだけどこれには胸打たれた」「涙が…止まりません」と人々の涙を誘っている。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網