戻る


痩せてきたのに、なんかクサイ。「ダイエット臭」って知ってますか?

ダイエットは成功するとすごくうれしい。でも急激なダイエットが原因で、汗臭や口のニオイが強くなる可能性もあるとか。それはいったい、どういうことなのでしょうか?

基礎代謝の低下がダイエット臭の原因に

コニカミノルタの「体臭」に関する調査によると、ダイエットしている人の半数以上は、一時的にせよダイエット臭が生じている可能性があるとか。

たしかに朝食を抜いたときや空腹のときに、甘酸っぱいニオイを感じることがあります。それもダイエット臭のひとつと言えそうですが、そのような一時的なものだけではありません。

日々ダイエットを継続している間に、体臭は徐々に変化していくそう。ではなぜニオイが生じてしまうのでしょうか? その原因は、じつは基礎代謝の低下でした。

ダイエットする時は食事の摂取カロリーを減らします。その摂取カロリーの減少によるエネルギー不足に体が対応し、基礎代謝も低下。さらに運動をしていないと筋肉での熱産生が低下し、代謝の速度が遅くなり、ますます基礎代謝の低下に拍車がかかります。

すると脂肪の燃焼効率が抑えられ、痩せにくい体質に。そうして基礎代謝が落ち、エネルギーを生み出そうと不完全燃焼をしている過程で生じる副産物とも言えるのが、ダイエット臭なのだとか。

体臭と言えば加齢臭を思い浮かべますが、ダイエット臭の存在でもわかるように、種類も違えば、ニオイの発生する場所も、年代も、対策法も違うそう。

とはいえ男性ならともかく、自分には関係ないと思っていました。さらに夏が終わったので、今年はもう気にしなくてよいかと思いきや、じつは夏より冬のほうがニオイが強いのだとか。その原因は、冬は汗腺機能が低下し、成分の濃い汗が出るためです。

世界初のニオイチェッカー

冬でも臭う、女性でも臭う。それなら、自分の体はどのくらい臭うのか気になるところ。しかし、自分のニオイは自覚しにくいものです。

体臭は、どれほど親しい間柄であっても相手に指摘しにくいもの。誰かに教えてもらうのは期待しないほうがよさそうです。そこで便利なのが、世界初(※)ニオイが見えるチェッカー、コニカミノルタの「Kunkun body」

測定デバイスとスマートフォン用アプリケーションから構成される、体臭計測ソリューションです。不快なニオイとされる汗臭、加齢臭、ミドル脂臭の3大体臭成分を検知し、嗅ぎ分け、測定し、結果を10段階で表示してくれます。

もしニオイのレベルが強く出ても、無理に摂取カロリーを抑えず、カラダに優しいダイエット法に変えて運動も行うことで、きっと数値も変化するはず。そう思うと、ダイエットでカラダに負担をかけすぎていないかの指標にもできそうです。公式オンラインサイトにて発売中です。
※出典:「Kunkun body」が「世界初」であることの証明・検証調査(2018年1月12日現在) <ESP総研 調べ>(2017年12月〜2018年1月 調査)

Kunkun body

価格:30,000円(税込)
サイズ:H約108.5×W53.5×D22.5mm(突起部を除く)
重量:約100g(バッテリー含む)
主な端子:充電用USB Micro B端子
電源:リチウムイオン電池内蔵
対応機種:iOS端末 iOS 8以上 、 Android端末 Android OS 4.3以上、Bluetooth 4.0以上

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網