戻る


勝ち越し引退回避も 稀勢の里に「横綱らしくない」と評論家苦言

 崖っぷち横綱が、何とか勝ち越した。

 稀勢の里(32)は10日目に遠藤を下し、8勝2敗。8場所連続休場明けで進退がかかっていただけに、今場所中の引退は回避できたと言っていい。

 だが、完全復活とは言い難いのもまた事実。今場所の内容は、決して褒められたものではないからだ。

 評論家の中澤潔氏は「横綱らしい相撲ではない」と、こう続ける。

「8勝のうち、良かったと言えるのはせいぜい2、3番。初日の勢戦は左差しという自分の型に持ち込んで勝ち、遠藤戦も良かったが、ほとんどは九死に一生の逆転技ばかりでしょう。『相撲で負けて勝負に勝った』では、横綱としては寂しい。まして、負けた2番はいずれも一方的にやられている。確かに8場所連続休場明けだから、内容が伴わないのも仕方ない、という意見も理解できる。でも、そこは横綱ですからね。本場所に出場する以上は横綱らしい相撲を見せてほしいものです」

 かつて双葉山の連勝を「69」で止めた安芸ノ海は、師匠に「勝って騒がれる力士より、負けて騒がれる力士になれ」と、諭されたという。ファンに同情される今の稀勢の里は、その対極にいる。

「内容の伴った白星がないのは横綱として恥ずかしい限り。稀勢の里もこの程度で満足してはいけません。『これでは恥ずかしい。物足りない。もうこんな相撲は取っちゃいかん』と肝に銘じるべきです」(前出の中澤氏)

 遠藤戦後も、支度部屋ではほとんど無言だった稀勢の里。立ち合い不成立が3度続いたことに関して、「集中して相撲を取っていました」と話したのみだ。

 現状では横綱としての寿命が1場所延びたに過ぎない。当面の危機こそ乗り越えたとはいえ、まだまだ試練は続きそうだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網